記事

萩生田氏は、文科大臣の資格なし

安倍政権は、2021年から大学共通テストにおいて、英語民間テストを導入しようとしています。

これに対して民間テストですので、例えば都市部の生徒は何度も受けやすいとか、経済的に余裕のある家庭の生徒は何度もうけやすい等という点から、「教育の機会均等」という観点からいかがなものかという声が出ています。

これに対して、萩生田文科大臣はテレビ番組で「裕福な家庭は回数受けてウォーミングアップできることはもしかしたらあるかもしれないが、そこは自分の身の丈に合わせて、二回を選んできちんと勝負して頑張ってもらえば」と発言しました。

「身の丈に合わせて」とは、まるで経済的な格差を当たり前のこととし、その中で頑張れと言っているようなもので、「教育の機会均等」を守る立場の文科大臣としてはあるまじき発言です。

今日、萩生田大臣は「説明不足」を陳謝しましたが、説明不足の問題ではありません。撤回し謝罪すべき発言です。そもそも文科大臣としての資質すら欠くと言わざるを得ません。

あわせて読みたい

「萩生田光一」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  2. 2

    春節が日本での感染爆発防いだか

    岩田健太郎

  3. 3

    米医の「コロナ99%予防」に感心

    原田義昭

  4. 4

    外出禁止 日本人の消えたハワイ

    荒川れん子

  5. 5

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  6. 6

    アビガンで勝負に出た安倍首相

    天木直人

  7. 7

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  8. 8

    推定死者1万6千 緊張続くNYの今

    堂本かおる

  9. 9

    コロナ軽視? 不可解な愛知県知事

    水島宏明

  10. 10

    マスク配布で薬局の行列は減るか

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。