記事

萩生田氏は、文科大臣の資格なし

安倍政権は、2021年から大学共通テストにおいて、英語民間テストを導入しようとしています。

これに対して民間テストですので、例えば都市部の生徒は何度も受けやすいとか、経済的に余裕のある家庭の生徒は何度もうけやすい等という点から、「教育の機会均等」という観点からいかがなものかという声が出ています。

これに対して、萩生田文科大臣はテレビ番組で「裕福な家庭は回数受けてウォーミングアップできることはもしかしたらあるかもしれないが、そこは自分の身の丈に合わせて、二回を選んできちんと勝負して頑張ってもらえば」と発言しました。

「身の丈に合わせて」とは、まるで経済的な格差を当たり前のこととし、その中で頑張れと言っているようなもので、「教育の機会均等」を守る立場の文科大臣としてはあるまじき発言です。

今日、萩生田大臣は「説明不足」を陳謝しましたが、説明不足の問題ではありません。撤回し謝罪すべき発言です。そもそも文科大臣としての資質すら欠くと言わざるを得ません。

あわせて読みたい

「萩生田光一」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  2. 2

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  5. 5

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  6. 6

    音喜多氏が所属議員の不祥事謝罪

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  8. 8

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  9. 9

    二階派に160万円 マルチ企業から

    しんぶん赤旗

  10. 10

    ひきこもりは幸せなら問題ない?

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。