記事

ラグビー日本チームから学んだこと

 ラグビーワールドカップ2019日本大会、各地で交流の輪が広がり、私も含むにわかファンも大いに盛り上がった。大会前はこれほどまでに盛り上がるとは予想していなかった。嬉しい誤算である。日本チームの挑戦はベスト8で終わったが、数多くの感動と教訓を与えてくれた。

 一つは日本チームの多様性(ダイバーシティ)の強さである。ヘッドコーチはニュージーランド出身のジェイミー・ジョセフ氏である。選手31人全員が現在、日本のどこかのチームでプレーしているが、日本人は16人、外国籍15人うち帰化した選手はキャプテンのリーチ・マイケルはじめ3人という多様さである。国籍もトンガ、ニュージーランド、サモア、プレトリア、オーストラリア、南アフリカ、韓国となっている。彼らは皆日本に対する忠誠心を持っているが、試合の様々な局面で、多様な個性を発揮して、困難を乗り切って来た。多様性の強さは、今後人口の減少する日本社会をブレークスルーする手段になりうるのではないか?

 もう一つは「ワンチーム」の強さである。これまで述べたような多様な個性を持った選手がいるということは、一方で、ともするとまとまりのない、バラバラのチームになりがちだ。そこをしっかり束ねて一つの目標に向けて、選手全員を動かしていくのは並大抵のことではないが、彼らはそれも年間で270日の合宿によって、さらにはヘッドコーチやキャプテンのリーチ・マイケルのリーダーシップによって成し遂げたのである。

 この度のワールドカップ日本開催により、ラグビーというスポーツは完全にメジャーなスポーツになった。これを好機として、ラグビー人口の増加により選手層を厚くして、より高いところを目指してスクラムを組んでもらいたいものだ。

あわせて読みたい

「ラグビー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  2. 2

    コロナは長期戦 山中教授に共感

    水島宏明

  3. 3

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  4. 4

    ニューヨークは数日で医療崩壊か

    藤沢数希

  5. 5

    中高年こそ…叩かれる若者の感覚

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    月初封鎖? 怪情報に惑わされるな

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    4月から事実上「首都封鎖」に

    NEWSポストセブン

  8. 8

    志村さん死去 最後まで仕事の鬼

    常見陽平

  9. 9

    ロックダウンした英国からの助言

    木村正人

  10. 10

    みずほシステム統合に19年の苦闘

    Dain

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。