記事

紅白・紅組司会の「綾瀬はるか」影武者のように頑張りたい

 10月28日、「第70回NHK紅白歌合戦」の司会者会見が行われ、総合司会の内村光良、紅組の綾瀬はるか、白組の櫻井翔が登壇した。

 綾瀬が司会を担当したのは2013年と2015年で、4年ぶり。3回目となる司会の意気込みを聞かれると、「勝敗はわからないですから、とにかく私はアーティストの皆さんに全力のパフォーマンスをしていただけるように、影武者のように頑張りたいと思います」と笑顔で語った。

 白組司会者となる櫻井とは、2013年の紅白で互いに司会者として共演している。綾瀬は当時を振り返って、「私は初めての司会だったので、『嵐の皆さん with 綾瀬』みたいなチームになった感じだった。本当に記憶に残っています」と感慨深げに話していた。

 一方、綾瀬は総合司会の内村とも、コント番組『LIFE!』(NHK)で共演。綾瀬が「生放送で生ものなので、いろんなことがあると思う。臨機応変に、柔軟に対応させていただきたいと思っています」と緊張したように話すと、報道陣から笑いが。内村がすかさず「笑われてるぞ」とツッコむと、綾瀬も負けじと「NHKなんで」と『LIFE』の決め台詞を返していた。

 会見の終盤では、「アーティストの皆さんが気持ちよく歌っていただくことと、お茶の間の皆さんにあたたかく、本当にハッピーな紅白歌合戦をお届けして、勇気が湧いてきたなと思っていただけるよう頑張りたい」と話していた。

 綾瀬は過去の紅白のオープニングで「NHKホールが生きているみたいですね」と謎発言をしたことがある。他にもセリフを飛ばすといったミスを連発するも、視聴者からは「天然でかわいい」と受け入れられていた。今年の紅白では、一体どんな綾瀬が観られるのだろうか。

あわせて読みたい

「綾瀬はるか」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  2. 2

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  3. 3

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  4. 4

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  5. 5

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  6. 6

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  7. 7

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。