記事

タイガー・ウッズ「東京五輪で戻って来る」の現実味

タイガーチャージをかけられるか(Getty Images)

 有言実行という覚悟の表われか。『ZOZOチャンピオンシップ』(10月24~28日)で、初日から一度もトップを譲ることなく完全優勝したタイガー・ウッズ(43)。米ツアー通算勝利数は82となり、サム・スニードの持つ最多勝記録に並んだ。

 来日後のウッズは大会前からイベントに引っ張りだこだったが、幾度となく“公約”を宣言した。20日のトークイベントでは「来年、米国代表としてここに戻ってこられるように頑張りたい」と、東京五輪への意欲を覗かせた。

「翌日の会見でも、五輪はプレーしたい大会、と強調。相当な意気込みです」(ゴルフ担当記者)

 各国の代表は世界ランキング(WR)を元に作成されるオリンピックランキング(OR)で決定され、ORの上位60人に出場権が与えられる。

「今回の『ZOZO』優勝でウッズのWRは10位から6位に上がりました。1か国から出場できるのは原則2人までで、WR15位以内の選手については同じ国から4人という制約がある。ウッズは米国勢の7番目から4番目に上がり、五輪代表圏内に入った。その一方で米国はWR15位以内に10人がランクインする激戦で、熾烈な争いが続いている」(同前)

 ORが決定される来年6月23日の段階で、米国上位4位以内をキープしなければならない。

「上位にいるのは29歳のケプカ(WR1位)をはじめ、20代の選手がほとんど。タイガーは年齢に加え、8月には5度目となる膝の手術をしているので、安泰とは言えません。ポイントが高くランキングへの影響が大きい来年4月のマスターズ、5月の全米プロ、そして締め切り直前にある6月の全米オープンといったメジャーで勝てるかどうかが重要でしょう。

 ウッズは今年4月にマスターズで復活優勝した時もWR12位から一気に6位に上がり、五輪代表圏内に入った。チャンスは十分あると思います」(ツアー関係者)

 一時はWR1199位まで落ちながらも復活したタイガー・ウッズ。奇跡の“マスターズ連覇”で東京への道を切り拓いてほしい。

※週刊ポスト2019年11月8・15日号

あわせて読みたい

「タイガー・ウッズ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  2. 2

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  3. 3

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  4. 4

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

  6. 6

    医師「感染対策は経験を生かせ」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  8. 8

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  9. 9

    昭恵氏 学園理事と親密ショット

    NEWSポストセブン

  10. 10

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。