記事

マツダはなぜ量産EVを出すのか

開催中の東京モーターショーでは、日産やホンダなどがEV(電気自動車)の新型車を披露しています。エンジン技術にこだわるマツダも、ついに量産EVの投入に踏み切りました。

※「MX-30」とマツダ社長の丸本明氏

マツダは、東京モーターショーで同社初となる独自開発の量産EV「MX‐30」を世界初公開しました。5人乗りの小型SUVタイプで、一回の充電で走行可能な航続距離は、約200キロメートルです。

CO2規制が強化される欧州を皮切りに、20年に市場投入します。

とことん内燃機関にこだわってきたマツダが量産EVを発表したことで、いよいよマツダもEVの流れにあらがえなかったのか、という声が聞こえてきそうですが、そう単純な話ではないようです。

量産EVは「マルチソリューションの選択肢の一つ」と、マツダ社長の丸本明氏は、23日の東京モーターショーのプレスブリーフィングで明言しました。

マツダがあくまでもEVを選択肢の一つとしているのは、必ずしもEVだけが地球環境保護の最適解ではないと考えているからです。

実際、EVは走行時にはCO2を排出しませんが、石油の採掘から発電、走行までを含めて考えた場合、CO2排出量はエンジン車よりも多くなるのではないかという考え方が根底にあります。

また、将来的にはEVが次世代環境車の本命といわれているものの、電池などのコスト負担が重く、自動車メーカー各社は赤字覚悟でEVを生産しているのが現状なんですね。

したがって、欧州などでの環境規制に対応するため、今回、マツダはEVを投入しますが、内燃機関の効率改善に力を入れていく、これまでの路線は変わりません。

まだまだ課題の多いEVは、普及に向けた技術革新が必要です。そこで、マツダ、トヨタ、デンソーは、EVの共同技術開発を進めるため、2017年10月、「EV C.A.Spirit」を設立しました。

「MX‐30」は、EV C. A. Spiritの設立以前から開発が進められていました。したがって、「MX‐30」は、マツダがすべてを独自で手掛けたEVです。

EV C. A. Spiritの技術を使ったEVは、その次のモデルからになります。

あわせて読みたい

「マツダ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    中韓が日本産盗む?対立煽る報道

    松岡久蔵

  3. 3

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  4. 4

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    新型コロナで公共工事中止は愚策

    近藤駿介

  6. 6

    権限ない休校要請 保護者は困惑

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  8. 8

    政府の無策が招く東京五輪中止

    渡邉裕二

  9. 9

    マラソン決行 主催の説明に呆れ

    WEDGE Infinity

  10. 10

    石破氏 船内対応巡る発言を反省

    石破茂

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。