記事

「ブログで稼ぐ」は現実的か?PV別ブログ収益をざっくり計算

本格的にマネタイズを始めて3ヶ月、色々見えてきたのでご共有。かなりざっくりしてますが、メディアの収益化の参考になれば幸いです。


広告収益はほぼPV数と比例

広告収益の動きを見ていると、「ほぼ」PV数と比例していることが分かります。僕が観察してきた限りでは、多くのページを見てもらえれば、それだけ広告をクリックしてもらいやすくなる、というシンプルな法則が垣間見れました。


扱うジャンルによって収益率は変わる

広告のクリック単価/アフィリエイトの単価は、扱う情報の種類によっても変わってきます。例えば保険・金融などの高額商品について扱っている場合は、アクション一件あたりの単価も高額になります。

僕の場合はテック系情報&書評を扱っているので、収益性はそれほど高い方ではありません。


モバイル経由では広告はクリックされにくい

僕の運用方法にも原因がありますが、Adsenseに関しては、モバイル経由だと広告は顕著にクリックされにくいことが分かりました。

今後スマホ経由のアクセスは増えていくはずですから、モバイル広告の収益化は、メディア・サービス運営者にとって課題になってくるでしょう。このままでは、順当に行くと徐々に収益性が落ちていくメディアも多いはず?


本題:どのくらいのPVがあれば食っていける?

画像を見る

photo credit: marfis75 via photo pin cc

あくまで僕の狭い経験に基づいているゆえ、かなりざっくりとした計算であることをご容赦頂きたいのですが、僕のブログのような形式で、①Adsense、②自社広告枠、③アフィリエイトの収益化を行った場合、下記のような収益イメージになると思います。

1万PV:〜1,000円
5万PV:3,000〜10,000円
10万PV:10,000〜50,000円
20万PV:50,000〜100,000円
30万PV:100,000〜150,000円
40万PV:150,000〜200,000円
50万PV:200,000〜250,000円

上述の通り、扱うジャンルによって収益率が変わってくるため、必ずしもこの法則当てはまるわけではありません。どんなテーマを扱うにせよ、100万PVくらいあれば、ブログ一本でも家族養うくらいは稼げそうな感じですね。


どのくらいの努力が必要?

僕のブログが現在20万UU、40万PVという水準です。ざっくり15万〜20万円程度の売上が立っています。

平日・休日問わず一日5〜10本記事投稿(毎日3〜6時間程度を費やしています)、記事ストックは1,500本です。運営歴は3年です。僕はまだ非効率な部分がありますが、大体このくらいやれば15万円くらいは稼げるようです。

純粋な利益を時給換算するとかなり悲惨なことになりますが、好きだからやっていけてる感じですね…。


なお、MG(X)Umeki Salonのようなコミュニティ型マネタイズを取り入れれば、収益性は向上するはずです。僕もそろそろ手を出してみたいと思います。


プロブロガーのお二人が書いた本はかなり参考になります。個人のみならず、会社でメディアを作ったりしている人も一読をおすすめ。

リンク先を見る
必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意
posted with ヨメレバ
コグレマサト,するぷ インプレスジャパン 2012-03-23 Amazon 楽天ブックス ブックオフ

あわせて読みたい

「ブログ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    堀江氏「ヤクザはグイグイくる」

    NEWSポストセブン

  2. 2

    企業の短命化で「高学歴」が仇に

    内藤忍

  3. 3

    テレ朝は宮迫の降板を決断すべき

    渡邉裕二

  4. 4

    年金の仕組み知らない国民に呆れ

    永江一石

  5. 5

    橋下氏がネット番組批判「虚偽」

    橋下徹

  6. 6

    橋下氏 戸籍晒し巡り雑誌に怒り

    橋下徹

  7. 7

    予算委の審議拒否は参院選争点に

    立憲民主党

  8. 8

    上田晋也の政権批判番組が終了へ

    女性自身

  9. 9

    はあちゅう AV男優の夫もつ心境

    AbemaTIMES

  10. 10

    痴漢扱い 外見判断の風潮に嘆き

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。