記事

「番組発で社会問題化したテーマがない」「本気でケンカしろ」AbemaPrimeの現状に常見陽平氏が喝

1/2

 AbemaTV開局と同時に番組がスタート、4年目に突入するもまだまだ認知度が低い「AbemaPrime」。“スマホ世代”の現役大学生に2時間まるまる見てもらうも、「途中から話が分からなくなって難しいと思った。一つのことをずっと議論されていたので長く感じた」「どうしても専門用語になると視聴者側からするとついていけない」といった声も上がる。



 一方、普段から熱心に視聴しているという人に集まって話を聞いてみると、

 「当事者や色々な人の意見などが聞けるので、すごく勉強になる」(黒澤修兵さん)
 「かなりエッジの効いた、かなり深堀りしたニュースをやっていると思う」(マスダさん)
 「地上波や他のネットメディアで取り上げないネタをやっているのが面白い」(丹羽形ノアさん)
 「Twitter民や私たちネット民の声を代表して上げてくれるところが良い」(しげっぺさん)

 といったポイントを挙げて評価する。その上で番組に望むことを尋ねてみると、


 「日韓関係の話題でせっかく盛り上がっているのだから、もっと若者がとっつきやすいように、K-POPなどから入り、政治の問題に近づけるようにしていったらいいのではないか」(ユタさん)
 「“インターネットにおけるマス”を取り上げていないように思える。だから“地上波ベースじゃん”“テレビ村の番組なんだろう”と思われる」(どんぶりのおいちゃんさん)
 「事件直後の時、問題点や本質が浮き彫りになっていない状態でお話されても、普通のワイドショーと変わらない。時間が経ってからやった方がいいのではないか」(黒澤さん)
 「広告やTwitterでの宣伝の仕方を頑張って、みんなの目に届けられれば」(ユタさん)
 「視聴者からの意見はネットからも色々あるので、そういうところから番組制作を深めていってほしいと思う」(マスダさん)

 などの提言が出された。

■「番組発で社会問題化したテーマがない」「ソリューションがない」


 前出のどんぶりのおいちゃんさんは、テレビ番組の作り方は結果として最もボリュームが取れる構造に最適化されてしまうと指摘。AbemaPrimeはその外側に出ようとしていると分析する。

 ゲストコメンテーターとして出演した経験を持つ、千葉商科大学専任講師の常見陽平氏は「“地上波でなかなか扱わないものを”と言うが、オリジナルで仕掛けたものがどれだけあるのだろうか。番組が光を当てたことで社会問題化したとか、解決策が生まれたものがどれだけあるかと言われれば、正直そこは弱かったと思う。例えば『Yahoo!個人』では、記事から論争が生まれ、政策にも影響を与えたものもあったと思うし、NHKスペシャルの『無縁社会』といったテーマも社会問題化した。硬派でなくてもいい。いかにもネット民っぽい人たちが無責任に語り合うでもいい。ここでしか見られないものはないんじゃないのというのが僕の問題意識だ」と指摘。その上で、「決定的に足りないのは熱量だと思う。これだけ豪華メンバーが出演してきて、これだけ熱い視聴者もいるのに。ウケるかどうか、大学生が分かるか分からないかはどうでもいい。“これをどうしても伝えたいんだ!”というものが何かあるのだろうか?」と、司会進行のテレビ朝日・平石直之アナウンサーと、郭晃彰プロデューサーに疑問を投げかけた。


 これに対し平石アナウンサーは「3年間の積み重ねがあるところに私は落下傘で降りてきたので、“この場を壊さない”というのがまず大事だった。出演者も毎日違うので、まずは番組を回すことを数カ月やってきて、そろそろ言いたいことも言うという時期だった」、郭氏は「LGBTやマイノリティーの問題にすごく興味があるので、そこはすごく熱量を持ってやっている」と回答した。


 また、ゲスト出演経験のある明星大学の藤井靖准教授は「社会問題などに対して、専門家の意見の陳列会みたいになっている時がある。“番組としてはこういうソリューションだ”という“おまとめ”があってもいい。そのためにも、平石さんにはもっと仕切って欲しい」とコメント。金曜レギュラーの紗倉まなは「どこに句点を置くかが難しいと思っている。1時間、2時間とはいえ、限られた時間の中で一つのテーマを話す。白熱して伝えきれないことがあったり、迷走して終わってしまうことや、どこで議論を終えれば良いのかわからないこともある。ただ、ビジネス書みたいに答えが分かっているものを見るよりも、自分で色々考えてみて、知的好奇心を刺激されるようなものであることに尊さを感じる部分もたくさんある」、同じく金曜レギュラーの宇佐美典也氏は「僕は地上波のニュースの“これで分かった”という状況を作る番組が嫌いだ。AbemaPrimeの視聴者には、“色々な知識が得られたけど、結局分かんねえな。もっと考えてみよう”で終わって欲しい。ソリューションはこうだというものがメインになるのは違う」とも話した。

 常見氏は、裏番組の事例を引いて、「これだけの多人数でやるとなると、やはり司会進行が重要だ。BSフジ『プライムニュース』では人数を少なくした上で、与党も野党も呼んで2時間議論させるが、アンカーが頑張って論破せずに深めるようなフォーマットになっている。また、TBSラジオ『荻上チキ Session-22』は、出演者は論文をいっぱい書いているような専門家1人か2人を呼んで、解決策を1時間で深めている。意見の陳列会でもいいかもしれないが、どこに落とすのかという、紗倉さんの言うことも極めて正しい。また、ネットっぽいフォーマットが何もないし、雑なのと白熱は違う。色んな意見が出たとしても、“こんな結論が出たよ”とはならないから口コミも広がらない」と指摘した。

あわせて読みたい

「AbemaTV」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    N国が退潮か 我孫子市議選で落選

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    自宅ビール用 究極の節約つまみ

    中川 淳一郎

  3. 3

    女子大生が教える最新ラブホ事情

    BLOGOS編集部

  4. 4

    秋篠宮さま「即位辞退」の現実味

    NEWSポストセブン

  5. 5

    過去作否定? ターミネーター新作

    いいんちょ

  6. 6

    宗男氏 枝野代表に「お門違い」

    鈴木宗男

  7. 7

    GSOMIA破棄目前 韓国に奇策も

    文春オンライン

  8. 8

    前夜祭 安倍首相は会費払ったか

    郷原信郎

  9. 9

    新エンジン投入へ マツダの知恵

    片山 修

  10. 10

    水害補償に山本太郎氏「お粗末」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。