記事

チュート徳井が申告漏れ・所得隠しで活動自粛…国税庁の意図は?税理士の責任はどこまで?

1/2

 レギュラー番組が10本を超える人気お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実について、所属する吉本興業は26日、当面の間、活動を自粛することを発表した。

 徳井は23日夜、およそ1億3900万円もの申告漏れなどを東京国税局に指摘されたことを受け会見。周囲からのアドバイスを受けて2009年に設立した個人会社「チューリップ」を通じ、吉本興業の出演料などを取得。しかし2016~2018年までの3年間、それら1億1800万円に上る収入を申告していなかったと説明。さらに2012年~2015年の4年間、私的な洋服代や旅行費用を経費としてとして計上していたが、国税局はこのうち約2100万円を所得隠しとして認定したという。

「本当にもう想像を絶するだらしなさ、ルーズさによって“やります”というのが、また1日延び、1週間延び、1カ月延びという状態で3年経ってしまった」「僕も44の社会人で、こんなおっさんが国民の誰しもの義務である納税というものをしっかりできていなかったというのは、本当に自分でも恥ずかしくて穴があったら入りたいくらいだ」と釈明した。

 この時点では処分を課さないとしていた吉本興業だが、26日の発表では、徳井が10年~12年までの3年間と、13年から15年までの3年間でも期限内に申告しておらず、再三の催促にも応じなかったため、16年5月頃に銀行預金を差し押さえられていたこと、また、会社設立から現在に至るまで、社会保険の加入手続きもしていなかったことを公表。

「徳井が速やかに保険の手続きを実施し、社会的責任を果たすまで必要な手続きをフォローしてまいります」「今後は税務に関する正しい知識・情報についても研修内容とした上で、徳井のみならず所属タレント全員に対する納税意識の啓蒙を続け、また各種手続きについてもサポートをしてまいる所存」するとした。

 今回の騒動について、後輩に当るお笑いトリオ・パンサーの向井慧は「本当にびっくりした。考えられない。申告を3年間していなかったというのがどういう意味なのかが分からないというのが正直なところだ。(パンサーのメンバー)尾形さんでも年に1回、税金を納めなければいけないことは分かっている。それをあの徳井さんが知らなかったということが怖い。もちろん脱税はいけないことだが、何だったら“脱税していました”と言う方がしっくりくるくらい。そんなことがあり得るのか」と首をかしげる。

あわせて読みたい

「徳井義実」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    いきステ来客減 子連れ層を狙え

    かさこ

  2. 2

    土井善晴語る 日本の食の問題点

    村上 隆則

  3. 3

    首相補佐官が公費で京都不倫出張

    文春オンライン

  4. 4

    中国の人権問題で沈黙続ける野党

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    日本のク・ハラさん報道に批判

    舛添要一

  6. 6

    伝説のファウルをW杯審判が解説

    森雅史

  7. 7

    残業代未払い コンビニ労組激怒

    キャリコネニュース

  8. 8

    すき焼きでPR図った群馬県の過ち

    東龍

  9. 9

    アンダーヘア脱毛 医師から賛否

    NEWSポストセブン

  10. 10

    日銀総裁「来年の経済は明るい」

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。