記事

「中国の小話」その201―党と国どっちが先?―

10月1日は中国の国慶節。今年は中華人民共和国成立70周年という「大慶」の年に当たり、天安門広場では盛大なパレードが行われ、最新鋭の兵器が多く披露されるなど、世界的に注目されました。

ところが、だれも予想しなかったパレードの一幕が話題を呼び、ネット空間が騒然となりました。

その一幕とは、この写真の通りです。パレードの先頭を儀長隊が国旗を掲げて行進しますが、その更に前を陸海空三軍の儀長兵が中国共産党の党旗を掲げて闊歩していました。

ユーザーたちは、『中華人民共和国国旗法』を引用してこの作法を批判しています。

キャプションの訳:
『中華人民共和国国旗法』の規定によれば、「整列して国旗とその他の旗幟を掲げて行進する場合、国旗はその他の旗幟の前を歩かなければならない!」

註:中国では、中国人民解放軍は中国共産党によって創設され、中国共産党中央軍事委員会の指揮に従う構造になっている。ユーザーたちは、軍隊に対する党の指揮権と『国旗法』の矛盾を指摘している。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。