記事

郵便局が来年2月からキャッシュレス決済導入、クレジットカード・電子マネー・スマホ決済が利用可能に

 日本郵便は、2020年2月から郵便局に順次導入するキャッシュレス決済について、取り扱う決済ブランド、導入局などを発表。クレジットカードは6ブランド、電子マネーは4ブランド、スマホ決済は11ブランドが利用可能となる。

 日本郵便は、郵便局の郵便窓口で順次導入するとしていたキャッシュレス決済について、取り扱う決済ブランド、導入局などを決定。10月25日に発表した。

 キャッシュレス決済が利用できるのは、郵便窓口で取り扱っている次の商品・サービスの支払い時。

1. 郵便料金または荷物(ゆうパック、ゆうメールなど)運賃の支払い
2. 切手、はがき、レターパックなどの販売品(印紙を除く。)の支払い
3. カタログ、店頭商品などの物販商品の支払い

 利用できるのは、クレジットカードが6ブランド、電子マネーが4ブランド、スマホ決済は11ブランドとなっている。

クレジット・デビット・プリペイドカード(非接触対応カードを含む):VISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Club、銀聯

電子マネー:交通系IC、iD、WAON、QUICPay+

スマホ決済:ゆうちょPay、Amazon Pay、au PAY、d払い、LINE Pay、メルペイ、Origami Pay、PayPay、楽天ペイ(アプリ決済)、アリペイ(Alipay)、WeChat Pay

 サービス開始は2020年2月3日を予定しており、まず、全国65の郵便局で導入。同年5月には約8,500局に拡大する。詳細は日本郵便ウェブサイト内の「キャッシュレス決済」のページで確認できる。

MONEYzine編集部[著]

あわせて読みたい

「日本郵便」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  3. 3

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  4. 4

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  5. 5

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  6. 6

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    コロナ楽観予測報道はミスリード

    勝川 俊雄

  8. 8

    西村大臣 PCR陽性率は約5%に低下

    西村康稔

  9. 9

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  10. 10

    GoTo開始に国民は混乱「なぜ今」

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。