記事

郵便局が来年2月からキャッシュレス決済導入、クレジットカード・電子マネー・スマホ決済が利用可能に

 日本郵便は、2020年2月から郵便局に順次導入するキャッシュレス決済について、取り扱う決済ブランド、導入局などを発表。クレジットカードは6ブランド、電子マネーは4ブランド、スマホ決済は11ブランドが利用可能となる。

 日本郵便は、郵便局の郵便窓口で順次導入するとしていたキャッシュレス決済について、取り扱う決済ブランド、導入局などを決定。10月25日に発表した。

 キャッシュレス決済が利用できるのは、郵便窓口で取り扱っている次の商品・サービスの支払い時。

1. 郵便料金または荷物(ゆうパック、ゆうメールなど)運賃の支払い
2. 切手、はがき、レターパックなどの販売品(印紙を除く。)の支払い
3. カタログ、店頭商品などの物販商品の支払い

 利用できるのは、クレジットカードが6ブランド、電子マネーが4ブランド、スマホ決済は11ブランドとなっている。

クレジット・デビット・プリペイドカード(非接触対応カードを含む):VISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Club、銀聯

電子マネー:交通系IC、iD、WAON、QUICPay+

スマホ決済:ゆうちょPay、Amazon Pay、au PAY、d払い、LINE Pay、メルペイ、Origami Pay、PayPay、楽天ペイ(アプリ決済)、アリペイ(Alipay)、WeChat Pay

 サービス開始は2020年2月3日を予定しており、まず、全国65の郵便局で導入。同年5月には約8,500局に拡大する。詳細は日本郵便ウェブサイト内の「キャッシュレス決済」のページで確認できる。

MONEYzine編集部[著]

あわせて読みたい

「日本郵便」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新幹線でのパソコン作業に唖然

    常見陽平

  2. 2

    中国の年金使い込み 大変な事態

    団藤保晴

  3. 3

    「解雇できない」嘆く企業に疑問

    紙屋高雪

  4. 4

    理不尽に米国大使を批判する韓国

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    ゴーン氏10時間取材が出版中止に

    郷原信郎

  6. 6

    れいわが野党共闘を変える可能性

    田中龍作

  7. 7

    ヘンリー夫妻独立に国民激怒の訳

    SmartFLASH

  8. 8

    大トロ 1貫2500円でも儲からない

    fujipon

  9. 9

    Netflixがもたらした画期的な点

    ヒロ

  10. 10

    オリラジ中田を起用したNHKの罪

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。