記事

北朝鮮が非核化交渉で米国非難「年末期限の無視は間違い」


[ソウル 27日 ロイター] - 北朝鮮の金英哲朝鮮労働党副委員長は27日、対米関係に進展はなく、一触即発の敵視政策が続いているとして、米国側の姿勢を非難した。朝鮮中央通信(KCNA)が談話を報じた。

米国に対し、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、年末までに非核化交渉で譲歩するよう米国に求めている。

金英哲氏は、朝鮮アジア太平洋平和委員長の肩書で出した談話の中で、「米国が金正恩委員長との『緊密な個人的関係』に乗じて年末の期限を無視するのは間違いだ」と強調した。

金英哲氏は、2月にベトナムで開催され決裂した2回目の米朝首脳会談前の核交渉の責任者。

同氏は談話で「米国は新たなアプローチを求めるわが国の呼び掛けを聞き入れず、『より狡猾で悪意のあるやり方で』圧力をかけている」として、米国に方針転換を迫った。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  2. 2

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  3. 3

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  4. 4

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  5. 5

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    小林麻耶 実母が海老蔵宅に避難?

    SmartFLASH

  7. 7

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  8. 8

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

  9. 9

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

  10. 10

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。