記事

不公平なポイント還元策

消費税率引き上げへの対応策として政府が新たに導入した、キャッシュレス購入時のポイント還元制度。

先日報道で、スタートした今月1日から、一日約10億円のペースで予算が使われていると経済産業省が発表したとありました。来年度末までに当初予定した予算が足りなくなるかも、とのこと。

これは一見、ポイント還元制度がうまく活用されていることを示しているように見えますが、果たしてそうか。

このポイント還元制度の最大の問題は、受益者が「キャッスレス購入を行なっている人」に限られること。逆に言うと、キャッシュレス購入とは縁遠いと言われている、お年寄りの皆さんなどには受益はありません。

そこに、当初予定した予算より多くの予算が投入されるわけです。

偏った対象に、当初より多くの予算が使われる、すなわち予算による歪みがより大きく出てくるわけです。

ただでさえ逆進性が強いと言われている消費税の引き上げへの対応としては、極めて下策と言わざるを得ません。

あわせて読みたい

「消費増税」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    オミクロン 高齢者に感染させないことさえできれば

    中村ゆきつぐ

    01月26日 09:23

  2. 2

    “周囲の乗客は見て見ぬふり”は許される?たばこ注意の高校生が暴行被害で論争勃発

    女性自身

    01月26日 18:36

  3. 3

    何故、立憲民主党より維新の支持率の方が高いのだろうか

    早川忠孝

    01月26日 09:15

  4. 4

    「正社員の特権がどんどん消えていく」扶養手当、住宅手当…諸手当が"全廃止"される日

    PRESIDENT Online

    01月26日 14:34

  5. 5

    日本電産のカリスマ経営者、事業継承に苦悩

    ヒロ

    01月26日 12:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。