記事

SNSで起きる「ソーハラ」 上司や部下との軋轢を防ぐには

上司から「いいね」をリアルで求められるのはソーハラ

 ソーシャルメディア・ハラスメント、略してソーハラとは文字通りSNS上で起きているハラスメントのことだ。具体的にはどのようなものであり、どう対処すればいいのだろうか。SNSの最新事情に詳しいITジャーナリストの高橋暁子さんが、ソーハラのリスクと対処法、未然に防ぐ方法について解説する。

 * * *
「上司からFacebookで友達になることを強要された」「会社の先輩から投稿への『いいね』を強要された」などの経験はないだろうか。これが「ソーハラ」だ。ソーハラとはソーシャルメディア・ハラスメントの略であり、ソーシャルメディアを通じて主に職場などで上下関係を背景に行われる嫌がらせ行為を指す。

「上司とつながったので、何も投稿できなくなってしまった」とある20代OLはため息をつく。実名で顔写真を登録するFacebookでは「やっていない」と言い逃れができず、上司からの友だち申請を渋々受け入れたという。

 ある時には、同じ上司から「君、ゴルフに興味ないんだね」と言われてしまった。自分が上司のゴルフ投稿にリアクションをしていないことに嫌味を言われたと気づき、さらに気が重くなってしまったという。「これでは『いいね』が義務になってしまう。疲れたのでアカウントを消そうかと悩んでいる」。

 Facebookは幅広い年代に利用されているため逃げ場がないと、他のSNSに日常的な投稿先を変えても、似たような悩みがついてくる。若い女性が中心的ユーザーだと言われたInstagramでさえも、安心できる場所ではなくなってしまった。

 ある30代OLは、最近Instagramからの通知を見ると、先輩からの「いいね」やコメントでいっぱいになっていることが多いという。「投稿する度にすぐに『いいね』やコメントがついて、ストーカーされているように感じる」。

 さらに、「先日彼氏とワインバーに行っていたね。ワイン好きなの?」とInstagramにしか投稿していないことを職場で言われ、「セクハラではないか」と不快に感じたという。

 このようなものはすべて、ソーハラだ。ソーハラが行われるソーシャルメディアの種類は、FacebookやTwitter、Instagram、LINEなど多岐にわたる。

 ある女子大生は、シフトの調整のためにバイト先の店長とLINEを交換したところ、バイトの時間外でも店長からしつこくメッセージが届くようになってしまった。最近では、LINEを開くのも気が重くなってしまったそうだ。

「『今何してるの?』とか『バイトの後一緒にご飯に行こうよ』とか、バイトと関係がない連絡がたくさんくる。しかも既読がついてしまうので、返事をしないでいると『彼氏とデートで忙しいのかな』とか嫌味を言われる。時給はいいけれど、もうやめたい」。

 具体的には、以下のようなことが該当するだろう。

●友達関係や「いいね」の強要
●投稿に頻繁に「いいね」やコメントをする
●必要がないメッセージを頻繁に送る
●部下の投稿内容をリアルの場で持ち出す
●業務に関するメッセージをSNSで送りつける

 しかし、同じことをしても問題にならないこともある。すべて、相手が不快に思うか否かでソーハラになるかどうか変わってくるのだ。基本的に、仕事とプライベートを混同する公私混同があるとNGとなる可能性が高くなるので、注意してほしい。

◆訴えられかねないソーハラの防ぎ方

 では、ソーハラをされた場合はどうすればいいのだろうか。まず、信頼できる他の上司や同僚などに相談するのがおすすめだ。周囲から穏便に諭してもらうことで改めてもらえる可能性もある。また、会社に相談窓口のような場が用意されている場合は利用したい。

 もちろん悪質と思われる場合は、弁護士に相談すれば「安全配慮義務違反」などに該当する場合、会社を訴えたり慰謝料などを請求することもできる。

 しかしこれは、会社側としては、社員の士気低下や会社のイメージダウンなどにもつながりかねないだろう。では、未然に防ぐためにはどうすればいいのだろうか。

 上下関係があると、目下の立場の者にとっては友達申請も断りづらく、「いいね」やメッセージに対してもプレッシャーを感じるものだ。自分が目上の立場の場合は、部下や後輩と親しくなることが目的だとしても、ソーシャルメディア上では相手から依頼があれば受ける程度にひかえめにしたほうがよさそうだ。

 目下の立場からは、安易に上司や先輩の友達申請を受けないことが重要だ。もし受ける場合も、「ソーシャルメディア上で見たことは、評価に持ち込まないでくださいね」などと事前に断りを入れておくといいかもしれない。

 こういった問題が起きていると報じられると、必ず「なぜ公開アカウントで活動するのか」「投稿しなければよい」という声が上がる。しかし、被害者側による対策がなかったのが原因であるかのようなソーハラの捉え方は危険だ。加害者が悪い点を認識してあらためるのが本来のあり方で、被害者にだけ対応を求める認知が歪んだままの対処法が一般的になってしまうと、SNSが本来もっている可能性を狭めてしまう。

 ソーハラにもつながるなど、扱いが難しい上限関係がある場合のソーシャルメディア活用。しかし、うまく利用すればお互いの理解が深まったり、コミュニケーションがスムーズになる可能性もあるので、お互い相手の領域に入り込みすぎず、うまく使いこなしてほしい。

あわせて読みたい

「SNS」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  2. 2

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  3. 3

    ロックダウン渋れば損失は巨大に

    岩田健太郎

  4. 4

    アビガンで勝負に出た安倍首相

    天木直人

  5. 5

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  6. 6

    自民議員 ABC予想の証明を称賛

    赤池 まさあき

  7. 7

    各国と異なる日本の死亡者数推移

    小澤 徹

  8. 8

    田嶋陽子氏に「時代追いついた」

    NEWSポストセブン

  9. 9

    コロナ軽視? 不可解な愛知県知事

    水島宏明

  10. 10

    山本太郎氏 山尾氏はスター選手

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。