記事

あおり運転、職場のセクハラに対処する「ミニ保険」の価格

あおり運転に巻き込まれた時にも保険(イラスト/亀川秀樹)

 近頃、日々の生活の中で生じうるリスクに対する「ミニ保険」が続々登場し、急成長している。たとえば、「あおり運転」や「痴漢冤罪」などが多い昨今。巻き込まれた時は弁護士に頼りたいが、料金が心配だ。そんな時に頼れる保険の1つが『弁護士費用保険ミカタ』(プリベント少額短期保険)。

 日常の法的トラブルに対応し、弁護士相談料や依頼費用を補償する保険で、被害者・加害者どちらでも補償対象になる。保険料は月額2980円で、法律相談1事案2万2000円、交通事故の損害賠償請求訴訟を起こした場合で、1事件300万円まで補償する。

「弊社はステッカーやリーガルカードを加入者に配布しており、これを相手に見せるだけでも抑止効果があると好評です」(同社広報)

◆ハラスメントなどの微妙な職場トラブルにも専門特化

 日本にはパワハラ、セクハラ、モラハラなど会社でのハラスメントを禁じる法律がなく、その相談件数は近年急増。そんな職場問題に特化した日本初のハラスメントに対応した弁護士保険で、声をあげる人を守る『弁護士保険コモン』(エール少額短期保険)が注目を集めている。

「月々1180円から加入でき、特典としてハラスメント問題に詳しい弁護士に、1回最大20分まで無料で電話相談可能。ハラスメントに該当するかどうかの確認や、証拠集め等の助言も受けられます」(同社広報)

 50代女性がうつ病発症で会社に100万円の損害賠償請求をした例では、法律相談料1万円全額と、着手金10万円のうち9万円が補償された。

※女性セブン2019年11月7・14日号

あわせて読みたい

「保険」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  2. 2

    日韓対立 両国は主張の棚上げを

    舛添要一

  3. 3

    222万部減 新聞はもう要らないか

    PRESIDENT Online

  4. 4

    首相「夕食会費はホテルが設定」

    ロイター

  5. 5

    米国が繰り返し韓国のウソを指摘

    高英起

  6. 6

    反日の嘘暴く韓国書籍が日本上陸

    高英起

  7. 7

    中国が圧力? 英大学で高まる警戒

    木村正人

  8. 8

    「夫婦の3組に1組が離婚」は嘘

    石川奈津美

  9. 9

    佐野史郎 病室では寝たきり状態

    女性自身

  10. 10

    桜見る会の前夜祭費 菅長官が嘘?

    中谷 一馬(Kazuma Nakatani)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。