記事

W杯後の日本ラグビー、松尾雄治氏が考える盛り上げ方法

ラグビーを引き続き盛り上げるには?(時事通信フォト)

「ミスターラグビー」こと松尾氏が日本ラグビーに熱いエールを送る

 日本ラグビーの黎明期を牽引し、かつては新日鉄釜石の監督兼選手として活躍するなど指導者も経験している松尾雄治氏(65)。その松尾氏が、今回W杯で活躍した日本ラグビーを今後どのように盛り上げていくべきか語った。

【写真】松尾氏が考えるプランは?

 * * *
 昔のラグビーは指導者が「やるべきこと」を決めて、それに全員が従っていくというスタイルでした。ですが、今の日本代表はひとりひとりが判断して、その意図を周りが理解して助けていくことができる。「きっと誰かがサポートに来るから、それを信じてパスを出す」という流れができています。戦略性と組織力は確実に上がっていると思いますね。

 これだけレベルが上がってきたら、日本のラグビー協会は、「今後の日本のラグビーをどう盛り上げるべきか」をもっと考えていくべきです。

 ラグビーは生で観戦するのが一番面白い。全国各地で世界レベルの試合をやることが、何よりファン獲得と競技人口の拡大につながります。

 地方の子供たちに生のラグビーの試合を見せ、試合前に子供たちを対象にしたラグビースクールを開設するなど、底辺拡大のためにできることはすべてやるべきです。

 もうひとつは「日本らしいラグビー」の構築です。諸外国の例に漏れず、日本代表も外国人選手に頼るところが大きいが、選手が入れ替わってもコロコロと変わらない「核」が必要です。それを担うのは、やはり日本人選手の役割でしょう。日本の学生ラグビーから代表のスターが絶えず生まれてこなければいけない。

 たとえば今回のW杯の盛り上がりを機に日本人選手と、国内で活躍する外国出身選手との対抗戦を全国で転戦してもいいでしょう。

 そうすることで多くの選手が外国人とのプレーに慣れることができ、選手層を厚くすることにつながるはずです。今回のラグビー熱を一過性のブームで終わらせてほしくないですね。

【プロフィール】まつお・ゆうじ/1954年東京都生まれ。目黒高校、明治大学、新日鉄釜石で活躍。日本ラグビー史上最高のスタンドオフと呼ばれる。明大を初の日本一に導き、1979年からは新日鉄釜石の選手、主将、監督兼選手として社会人選手権、日本選手権7連覇を達成する。

※週刊ポスト2019年11月1日号

あわせて読みたい

「ラグビー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    布マスク費用への批判は大間違い

    青山まさゆき

  2. 2

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  3. 3

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  5. 5

    現金給付案に自民議員からも批判

    山田賢司

  6. 6

    高学歴女性がグラビア進出する訳

    NEWSポストセブン

  7. 7

    辻元氏「ピント外れの補正予算」

    辻元清美

  8. 8

    米 議員にZoomの使用禁止通達か

    ロイター

  9. 9

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

  10. 10

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。