記事

なぜ朝日は産経社説に正面から反論しないのか

2/2

朝日社説は芸術ならすべて許されると考えているのか

ここからは肝心の朝日新聞の社説(10月16日付)を読んでみよう。

冒頭部分で企画展を「入場が抽選制になるなどの制限は残ったが、不当な圧力に屈しない姿勢を示せたのは良かった」と評価し、こう主張する。

「一連の出来事は、表現活動をめぐる環境が極めて危うい状態にある現実を浮き彫りにした。引き続き問題の所在を探り、是正に取り組む必要がある」

そういうなら産経社説の攻撃に真っ向から反論して「問題の所在」をしっかりと探るべきではないか。

朝日社説は「騒ぎの発端は、作品を見ることも、制作意図に触れることもないまま、断片情報に基づく批判が開幕直後に寄せられたことだった」とも書くが、産経社説が問題視する、天皇や日本人に対するヘイト表現に対する抗議も「断片情報に基づく批判」とみなすのか。朝日社説は芸術であればすべてが許されるとでも考えているのか。

10月24日時点で、朝日社説は産経社説に対し、正面からひと言も反論していない。

朝日社説は天皇や日本人に対する非常識表現をどう考えるのか

続いて朝日社説は文化庁を批判する。

「とどめは文化芸術を守るべき文化庁だ。9月下旬になって、内定していた補助金の不交付を決めるという暴挙に出た」

「行政が本来の道を踏み外し、暴力で芸術を圧殺しようとした勢力に加担した。そう言わざるを得ない」

「美術、文学、音楽を問わず、既成の概念や価値観をゆさぶる作品が、次の時代を切り開き、自由で多様な方向に世界を広げる原動力になってきた。それが否定されてしまえば、社会は閉塞状況に陥るばかりだ」

権力に対抗しようとする姿勢は新聞の社説にとって欠かせない。だが「暴力で芸術を圧殺」の表現は強すぎるのではないか。

「既成の概念や価値観をゆさぶる作品」とまで企画展「表現の不自由展・その後」の作品を評価するが、天皇や日本人に対する非常識とも思える表現も、その評価に含めたいのだろうか。そこが読んでいてよく分からない。

産経社説は「天皇や日本人へのヘイト表現」と批判しているが、朝日社説はその批判にどう答えるのか。朝日社説の反論が読みたい。

「『日本へのヘイト』との批判もあきれる」と朝日社説

朝日社説は「慰安婦に着想を得た少女像や昭和天皇を含む肖像などが燃える映像作品に対して、『日本へのヘイト』との批判も飛び出した。これもあきれる話だ」と書く。

この朝日社説が掲載された2日後、沙鴎一歩が冒頭に書いたように産経社説は「ヘイト行為に目をつむる朝日の主張には心底あきれる」とかみついた。

もっともこれよりも早い時点で、産経社説(10月9日付)はこう書いている。

「再開された8日は、警備を強化し、入場人数も制限された。しかし展示内容は変わっていない。脅迫は論外としても、広範囲に起こった批判を実行委員会が真剣に受け止めたとは思えない」

「昭和天皇の肖像を燃やす動画の展示などは、日本へのヘイト(憎悪)そのものである。なぜ多くの人が憤ったか。あまりに軽く考えてはいないか」

朝日社説の「『日本へのヘイト』との批判」とはこの産経社説を指したのだろう。朝日社説はこの時点で、「産経社説によると」と明記すべきだった。

あきれるだけでなく、反論しなければ、議論は前進しない

さらに朝日社説は書く。

「表現の自由への過度な制約にならぬよう、規制すべきヘイト行為とは何か、社会全体で議論を重ね、定義づけ、一線を引いてきた。明らかにそれに当たらない作品をヘイトと指弾することは、蓄積を無視し、自分が気に食わないから取り締まれと言うだけの暴論でしかない」

10月18日付の産経社説は「どこに一線を引くのかこの社説は語っていない」とも批判し、さらに「ヘイトスピーチ解消法は欠陥だ」と指摘する。朝日社説はこのあたりをどう考えているのか。きちんと答えてほしい。

最後に朝日社説はこう主張する。

「ゆるがせにできない課題が数多く残されている。閉幕で一件落着ということにはできない」

ならばこそ、である。産経社説に反論してほしいと思う。そうすることで議論が深まり、私たちの社会が良い方向に前進していくからだ。

産経がかみついてきた事実を無視するのは納得できない

「社説は新聞の看板だけど、そのためには力のある社説、常に闘う社説でなければならい。その相手は強力な権力であったり、不健康なナショナリズムであったりと、いろいろだが、闘うためにはその作戦を練り、大いに知恵を働かさなければならない。社説の闘いとは世論の陣地取りだと心得ている」


若宮啓文『闘う社説 朝日新聞論説委員室 2000日の記録』(講談社)

かつて朝日新聞の論説主幹を務めた若宮啓文氏の著書『闘う社説 朝日新聞論説委員室 2000日の記録』(講談社、2008年10月発行)にはこう書かれている。

同書によると、朝日新聞論説委員室規定の第4条には「論説主幹は社説に関するすべてを取り仕切る」とあるという。

朝日社説のすべてを取り仕切ってきた若宮氏は「社説は常に闘うべきだ」と主張してきた。果たしていまの朝日社説は闘っているだろうか。

産経社説に突っ込まれ、批判されている。ここはしっかりと反論すべきである。このまま産経がかみついてきた事実を無視し続ければ、議論が深まらないばかりか、両紙を読み比べている読者としても納得できない。読者不在だ。

「新聞社説は闘うことを忘れてはならない」。社説が新聞の看板であるからこそ、沙鴎一歩もこう主張する。

(ジャーナリスト 沙鴎 一歩)

あわせて読みたい

「朝日新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  2. 2

    春節が日本での感染爆発防いだか

    岩田健太郎

  3. 3

    米医の「コロナ99%予防」に感心

    原田義昭

  4. 4

    外出禁止 日本人の消えたハワイ

    荒川れん子

  5. 5

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  6. 6

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  7. 7

    推定死者1万6千 緊張続くNYの今

    堂本かおる

  8. 8

    アビガンで勝負に出た安倍首相

    天木直人

  9. 9

    コロナ軽視? 不可解な愛知県知事

    水島宏明

  10. 10

    マスク配布で薬局の行列は減るか

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。