記事
  • S-MAX

Googleの新フラッグシップスマホ「Pixel 4」と「Pixel 4 XL」を写真と動画で紹介!デュアルカメラと最新のAndroid機能を搭載【レポート】

1/2


グーグルの最新スマートフォン「Pixel 4・4 XL」が発売!

既報通り、グーグル(以下、Google Japan)は16日、都内にて「ハードウェア新製品記者発表会」を開催し、デュアルカメラを搭載した最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Pixel 4(型番:G020N)」および「Pixel 4 XL(型番:G020Q)」を2019年10月24日(木)に発売することを発表した。

SIMフリー版がグーグルの公式Webショップ「Google ストア」での取り扱いされるほか、ソフトバンクの携帯電話サービス「SoftBank」からも取り扱われ、こちらは購入時にはSIMロックがかかった状態となっている。なお、どちらの販路でもその他の仕様は同じとなっており、日本向けモデルとして日本向けの機能としておサイフケータイ(FeliCa)に対応する。

またこれまでの「Pixel」シリーズは日本向けモデルでeSIMに非対応となっていたが、Pixel 4およびPixel 4 XLの日本向けモデルではeSIMに対応している。一方でPixel 4シリーズの新機能であるレーダーセンサー「Soli」によるジェスチャーコントロール「Motion Sense」は日本では2020年春以降にアップデートで対応予定である。

主なスペックとしてチップセット(SoC)にはQualcomm製「Snapdragon 855(SDM855)」、内蔵メモリー(RAM)には6GB、内蔵ストレージには64または128GB、無線LAN(Wi-Fi)にはIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5.xGHz)、BluetoothにはVersion 5.0など、昨年発売の「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」のスペックを上回るハイエンドモデルとなる。

画面サイズ違いの2モデル展開となるが、大画面モデルのPixel 4 XLはノッチなしの有機EL(OLED)ディスプレイを搭載する。これは上部に各種センサーを搭載したことによるもので、上部のベゼルはPixel 3に近いサイズとなった。同様にPixel 4もノッチなしの有機ELディスプレイを継承する。

本体カラーは両機種ともに共通の「Just Black」および「Clearly White」と限定エディションの「Oh So Orange」の3色。価格(税込)はGoogle ストアではPixel 4が89,980円(64GB)または103,950円(128GB)、Pixel 4 XLが116,600円(64GB)または128,700円(128GB)となる。一方、SoftBankではGoogle ストアより若干本体価格は安く、さらに「トクするサポート」も利用可能だ。

今回はGoogle Japanが開催したハードウェア新製品記者発表会の会場におけるタッチ&トライコーナーでのPixel 4およびPixel 4 XLの実機を試してきたので外観やカメラ機能、そして来年春アップデートで対応予定のMotion Sense機能について紹介していく。

02

Pixel 4とPixel 4 XLの違いは本体および画面のサイズ、重量、バッテリー容量などである。それぞれPixel 4は約5.7インチFHD+(1080×2280ドット)有機EL、約147.1×68.6×8.2mm、約162g、2800mAh、Pixel 4 XLが約6.3インチQHD+(1440×3040ドット)有機EL、約160.4×75.1×8.2mm、約193g、3700mAhだ。

両機種ともに背面のリアカメラ、前面のフロントカメラやSOLIレーダーなど、ハード的には同じものであるため、大画面モデルか、握りやすいスリムモデルかなど自分の使い勝手に合わせて購入できる。

価格に関しては高額なスマホであるが、OSのアップデートやカメラなどがソフトウェアアップデートで常に最新の機能が楽しめる。購入後も常に進化し続けていることを体感できるのがPixelシリーズの良さでもある。

またPixel 3から引き続き、側面を握ってGoogle アシスタントなどを呼び出す「Active Edge」機能を搭載する。リマインドやメモなど音声ですぐに記録できるので、慣れると手放せない機能だ。

03

外観は前面のスピーカーが上部に1つ、Pixel 3では前面下部にもスピーカーがあったが、Pixel 4およびPixel 4 XLは下面に変更となった。この2つのスピーカーは従来通りステレオスピーカーとして機能する。

004

側面は3色とも共通のマットなブラック、ボタンのカラーはパステル系のポップなカラーである。

05

背面のリアカメラは約1220万画素CMOSと27mm相当の明るいF1.7レンズによる標準カメラと、約1600万画素CMOSと43mm相当のF2.4レンズの望遠カメラの2つを搭載。デュアルカメラによって光学2倍ズームや最大8倍の超解像ズームに対応したほか、より精度を増した深度測定によるポートレートモードのボケ機能などがアップデートされた。

なお、他機種では超広角レンズによる新しい撮影体験を特徴としているが、Pixel 4・4 XLはソフトウェアによる望遠撮影の高画質化に重きを置いたようである。

あわせて読みたい

「Google」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国内外で「ナカムラ」の死悼む声

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    野村克也氏「イチローは超一流」

    幻冬舎plus

  3. 3

    年収10倍のマイホーム購入は危険

    内藤忍

  4. 4

    韓国より低成長 認めぬ安倍首相

    PRESIDENT Online

  5. 5

    生理の妻へ食事配慮 批判の声も

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    韓国で成功諦める低所得層の実態

    ロイター

  7. 7

    次期首相候補 石破氏支持が躍進

    ロイター

  8. 8

    口座手数料より銀行がすべきこと

    内藤忍

  9. 9

    馬毛島の買収は高評価されて当然

    原田義昭

  10. 10

    よしのり氏 中村医師の死は残念

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。