記事

韓国チョグク元法相、「息子がユニクロ製品を着ている」と大炎上

不買運動が続くユニクロ(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

 10月24日、韓国のチョグク元法相が、逮捕された妻チョン・ギョンシム氏との面会のため、拘置所を訪問した。しかし、同行していたチョ氏の息子が着ているパーカーが、「ユニクロ」の製品ではないかと炎上している。

 娘の不正入学疑惑や不透明な投資ファンドなど、数々の疑惑が指摘されているチョ氏。「検察改革」を強く主張していたが、批判にのまれ、約1カ月で辞任してしまった。

 韓国では、日本の輸出規制をきっかけに、日本製品の不買運動が続いている。たとえば日本製のビール輸出は、7月から8月にかけて92%も減った。

 そんななか、不買運動の象徴的なターゲットになったのが、ファーストリテイリングの「ユニクロ」だ。もともと韓国では人気が高かったのだが、不買運動によって売上が大幅に減少したという。

 10月11日付の『中央日報』によれば、ファーストリテイリングの決算について「2019会計年度前期(2018年9月~2019年2月)には韓国での収益が増加したが、後期(2019年3月~8月)には春の衣類販売不振と7~8月の不買運動の影響で売り上げが大幅に落ちた」としている。

 追い打ちをかけるように、10月21日には、ユニクロのCMが韓国で放送中止となった。このCMは同社のフリース25周年をアピールするものだったが、「そんな昔のことは覚えていないわ」というセリフが、「慰安婦問題をあざ笑っているのか」と韓国で物議をかもしてしまったのだ。

 ファーストリテイリングに、チョ氏の息子のパーカーがユニクロ製品なのか問い合わせてみたところ、「弊社では確認しておりません」との回答が。放送中止となったCMについては「ご指摘を重く受け止めております」との回答だった。

 泥沼化してしまった日韓関係。先の見えない状況はいつまで続くのか。

あわせて読みたい

「ユニクロ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  2. 2

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  5. 5

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  6. 6

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  7. 7

    自らの失敗は棚にあげ、人々の監視に注力する吉村大阪府知事

    村上のりあつ(立憲民主党大阪府第1区総支部長)

    06月13日 15:11

  8. 8

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  9. 9

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

  10. 10

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。