記事

ユーロ圏の景気低迷、ECB緩和措置を正当化=ベルギー中銀総裁


[フランクフルト 25日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーであるウンシュ・ベルギー中銀総裁は、ロイターのインタビューで、最近の一連の弱い経済指標は、欧州中央銀行(ECB)が前月発表した緩和策を正当化し、必要ならさらなる緩和が可能と述べた。

超緩和的な政策で、金融の安定への懸念が生じるのはもっともだが必要な措置であり、次期総裁のラガルドがECBの戦略をより広範囲に見直す時間を与えることになると指摘した。

前月発表した量的緩和の再開については、通常は合議的な理事会の3分の1のメンバーが反対した。

ウンシュ氏は「現在の状況が一時的な低迷局面ではないと昨年時点で分かっていたら、(2018年に)量的緩和を停止しなかった」とし、「決定以降、前向きな内容はみられないが、今後出てくるデータもあまり前向きな内容でなかった場合、その決定の論拠が強まる」と述べた。

追加緩和を巡っては、過度な金融緩和で銀行の利ざやが圧縮し、貸し出しを止めたり、超低金利の融資が資産バブルを生むといった懸念が指摘されている。

ウンシュ氏は、そうした懸念はもっともだと認める一方で、ECBの緩和措置は限界には程遠いと指摘した。

期限を設けない量的緩和は、ラガルド次期総裁の手を縛ってしまうとの指摘がある。ウンシュ氏は「この問題は何度も蒸し返されていただろう。この決定はいずれにせよ下されていたと思う。今は強固な枠組みができている」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  6. 6

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  7. 7

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  8. 8

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  9. 9

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  10. 10

    岡村隆史が結婚「素敵な方です」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。