記事

10月25日(金)ムネオ日記

正午より皇居での饗宴の儀に参列。天皇・皇后両陛下のお姿を拝しながら、新しい歴史のご慶事に感激する。

平成の即位礼正殿の儀は、平成2年11月12日で、翌13日が饗宴の儀であった。

30年前に思いを馳せながら、改めて二代の「御代(みよ)」に立ちあえることを有難く、かつ嬉しく思った。

各党、各会派の出席議員も高御座(たかみくら)を見学しながら、その後饗宴の儀が行われる豊明(ほうめい)殿(でん)に場所を移り、着席の中、和(なご)やかに懇談されていたが、その様子を見ながら、国会運営も広い心で、国家・国民のことを考えて円滑に進めてほしいものだと思った次第だ。

議論に議論を重ね、そこで得た結論はお互いが責任を持つことが民主主義の約束である。

天皇陛下のお言葉は「即位礼正殿の儀を終え、ここに皆さんと饗宴を共にすることを誠に喜ばしく思います。この機会に国民の幸せと国の一層の発展を祈ります」とお述べになられた。

この言葉の重みをしっかり受け止めなくてはならないとしみじみ思ったものである。

あわせて読みたい

「天皇陛下」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    武漢で4万人宴会 感染否定に疑問

    団藤保晴

  2. 2

    カジノ誘致で米中に蜜吸わせるな

    毒蝮三太夫

  3. 3

    米の北戦略「ソウル防衛捨てた」

    文春オンライン

  4. 4

    邦人帰国のチャーター機派遣延期

    ロイター

  5. 5

    杉田議員の「エア電話」率は80%?

    AbemaTIMES

  6. 6

    都知事選 三つ巴なら山本太郎氏

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    共産市長NO 広告にヘイトと指摘

    田中龍作

  8. 8

    悲観的な日本の子 大人が原因か

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    新型肺炎 中国の衛生管理に懸念

    文春オンライン

  10. 10

    官僚叩きやめ国会改革を実現せよ

    室橋 祐貴

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。