記事

新型「フィット」はホンダを救えるか

ホンダは東京モーターショーで4代目となる新型「フィット」を世界初公開しました。ところが、目玉となるはずだった新型「フィット」は、部品の不具合の連鎖によって、発売が延期されることがわかりました。

※新型「フィット」

「フィット」は2001年6月に初代モデルが発売されて以来、3代目までで750万台以上を販売したホンダの基幹車種です。

「次のホンダのクルマづくりの標準になるモデルです」と、社長の八郷隆弘さんは述べました。

ところが、ご存じのように新型「フィット」は、電動パーキングブレーキ部品の不具合により、発売が予定より遅れているんですね。

問題の部品は、8月に生産を停止している軽ワゴン車「N‐WGN」にも使われています。

「フィット」といえば、14年9月の発売から1年で5回のリコールを出したことが思い出されます。

新型「フィット」は来年2月の発売が発表されましたが、発売の遅れが受注に影響を与えることは避けられません。

5回のリコールのときのように、信頼回復には時間を要することが予想されます。

ましてや、八郷さんのいうように、「次のホンダのクルマづくりの標準となるモデル」が発売前から問題を起こしていては、厳しいコンパクトカー市場で勝ち抜くことはできないでしょう。

来年2月には、トヨタは主力小型車「ヴィッツ」を全面改良した「ヤリス」を市場投入してきます。

それにしても、ホンダは大丈夫なのか。

東京モーターショーのホンダブースを見ても、かつての元気でやんちゃなホンダの姿は伝わってきません。

「6極体制」の名のもとに進められた拡大路線のツケが、いまだにホンダを苦しめているように思えてなりません。

あわせて読みたい

「東京モーターショー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  2. 2

    現金給付の所得制限が生むリスク

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    NT誌東京支局長の日本非難に苦言

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  5. 5

    小池知事は検査数少なさ説明せよ

    大串博志

  6. 6

    自粛要請も休業判断は店任せの謎

    内藤忍

  7. 7

    緊急事態宣言は拍子抜けする内容

    青山まさゆき

  8. 8

    岩田医師 東京都は血清検査せよ

    岩田健太郎

  9. 9

    コロナ対策 国会は現場止めるな

    千正康裕

  10. 10

    韓国がコロナ詳報を公開する背景

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。