記事

新型「フィット」はホンダを救えるか

ホンダは東京モーターショーで4代目となる新型「フィット」を世界初公開しました。ところが、目玉となるはずだった新型「フィット」は、部品の不具合の連鎖によって、発売が延期されることがわかりました。

※新型「フィット」

「フィット」は2001年6月に初代モデルが発売されて以来、3代目までで750万台以上を販売したホンダの基幹車種です。

「次のホンダのクルマづくりの標準になるモデルです」と、社長の八郷隆弘さんは述べました。

ところが、ご存じのように新型「フィット」は、電動パーキングブレーキ部品の不具合により、発売が予定より遅れているんですね。

問題の部品は、8月に生産を停止している軽ワゴン車「N‐WGN」にも使われています。

「フィット」といえば、14年9月の発売から1年で5回のリコールを出したことが思い出されます。

新型「フィット」は来年2月の発売が発表されましたが、発売の遅れが受注に影響を与えることは避けられません。

5回のリコールのときのように、信頼回復には時間を要することが予想されます。

ましてや、八郷さんのいうように、「次のホンダのクルマづくりの標準となるモデル」が発売前から問題を起こしていては、厳しいコンパクトカー市場で勝ち抜くことはできないでしょう。

来年2月には、トヨタは主力小型車「ヴィッツ」を全面改良した「ヤリス」を市場投入してきます。

それにしても、ホンダは大丈夫なのか。

東京モーターショーのホンダブースを見ても、かつての元気でやんちゃなホンダの姿は伝わってきません。

「6極体制」の名のもとに進められた拡大路線のツケが、いまだにホンダを苦しめているように思えてなりません。

あわせて読みたい

「東京モーターショー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  2. 2

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  3. 3

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  4. 4

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  5. 5

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    小林麻耶 実母が海老蔵宅に避難?

    SmartFLASH

  7. 7

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  8. 8

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

  9. 9

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

  10. 10

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。