記事

国民、国会への説明責任放棄は許されない 共同会派国対委員長

国民民主党などの野党の国会対策委員長は25日午前、菅原一秀経済産業相が辞任したことを受け、国会内で対応を協議。経産相が自らの疑惑について国会での説明責任を果たすことなく辞任したことは国民、国会を軽視する重大な問題であることを確認した。その後会談した自民党国対委員長に対して、菅原氏が衆院経産委理事会で質疑に応じるまで、25日に予定している他の委員会審議には応じられない旨を通告した。

 自民党国対委員長との会談後、記者団の取材に応じた共同会派「立国社」の安住淳国対委員長は、菅原元経産相の対応について「(衆院経産委)質疑の予定が決まっていたにもかかわらず、その朝に辞めて逃げていくというのは、政治家としてやってはいけない」と政治姿勢を厳しく批判した。

野党国対委員長会談

あわせて読みたい

「菅原一秀」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。