記事

鎌田實医師 こんなときこそ韓国の映画や小説に親しもう

諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師

 日韓関係が好転するきざしも見えない状況だが、こんなときだからこそ、韓国の映画や小説に親しもうと諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師はいう。鎌田医師が、おすすめの韓国映画と小説を紹介する。

 * * *

 来月ロードショーされる韓国映画「国家が破産する日」を見た。1997年に起きた韓国の未曾有の経済危機を描く問題作だ。

 主人公の通貨対策チーム長の女性は、経済危機をオープンにして、庶民の悲劇をできるだけ減らそうとする。しかし、国の権力者たちは、国際通貨基金(IMF)の支援を受け、その結果、中小の企業が連鎖倒産しても、大企業さえ生き残ればいいと考えている。

 結果として、韓国はIMFの支援を受けることになるのだが、必死に国と国民を守ろうとする女性が大きな権力と闘っていく姿がなかなかおもしろい。

 韓国は現在、10大財閥がGDPの7割超を占めるという人たちがいるくらい財閥が幅を利かせている。財閥の企業には3つの名門校を卒業しなければ就職できないとか。苛烈な受験地獄を生み出す一因にもなっているようだ。

 そういえば、文在寅大統領側近のチョ・グク法相は、娘の大学入試をめぐる不正などが問題になっている。

 映画のラスト、20年後の現代の韓国もあまり変わっていないという意味深なメッセージを発しているが、とてもリアリティがある。

『82年生まれ、キム・ジヨン』(チョ・ナムジュ著、斎藤真理子訳、筑摩書房)は、韓国で100万部を売り上げた。

 33歳のキム・ジヨンは突然、母親や亡くなった友人の声で語りだすという憑依症状を起こすようになる。この小説の大半は、精神科医が彼女の家族関係や成育歴などを記録するという形をとっている。

 どの家族にもありがちな出来事がつらつらと書かれているのだが、祖母や母からつながり、当たり前になっている女性差別の現実が鮮明にあぶりだされてくる。

 子ども時代、大学進学、就職、結婚、出産とさまざまな場面で、女だからという理由で不当に扱われてきた。その都度、自分の言葉を飲み込んできたキム・ジヨン。その飲み込んできた言葉が、母や亡くなった友人の声として、キム・ジヨンの口から飛び出し、周囲の調和を乱す。

 読んでいてドキっとしたのは、出生性比の話だ。キム・ジヨンには姉がいる。母は3人目も女だと知り、中絶手術を受ける。念願の弟が生まれると、家の中は弟が中心になっていく。女児は歓迎されない。1990年代の韓国では、3人目以降の子どもの性比は男児が女児の2倍以上というアンバランスを極めた。

 就職も男が有利。男子学生しか推薦しないことに抗議した女子学生に、学科長が言い放った言葉は「女があまり賢いと会社でも持て余すんだよ」。

 ひどい言葉だが、他人事ではない。日本でも、東京医科大で女子を不利に扱う入試不正が発覚したのは記憶に新しい。

 この小説が、韓国で社会現象となったのもわかる気がする。ここに書かれているのは「私の物語だ」と感じる女性は、韓国だけでなく、日本にも、そしておそらく世界中にいるに違いない。日本でも14万部を突破するベストセラーになっている。

 日韓関係は、金大中、盧武鉉、李明博と三代にわたって「未来志向」をうたうのだが、政治的に行き詰まり、国民の支持が薄まってくると、反日に傾くようになった。

 それでも、韓国からは年間750万人もの人が日本に旅行に来ていた。口では「反日」と言いながらも、多くの人たちは日本の車に乗り、日本の電化製品を使い、日本を訪ねていたのだ。

 しかし、ここへ来て、韓国からの観光客は激減しているという。反日ムードが原因といわれる。この流れはもう止められないのだろうか。

 いや、ぼくはあまり悲観していない。「反日」「嫌韓」のムードは波のように揺れ動くものだ。何かをきっかけにして突然、良いムードになることもある。だから、相手の国の映画や小説、文化に親しんで、扉を閉ざさないことが大事なのだ。特に、嫌なムードに傾いているこんな時にこそ。

●かまた・みのる/1948年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業後、長野県の諏訪中央病院に赴任。現在同名誉院長。チェルノブイリの子供たちや福島原発事故被災者たちへの医療支援などにも取り組んでいる。著書に、『人間の値打ち』『忖度バカ』など多数。

※週刊ポスト2019年11月1日号

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    周庭氏の力 新たな目線が中国に

    倉本圭造

  2. 2

    コロナで「地方の息苦しさ」露呈

    内藤忍

  3. 3

    乳首にシール貼らせ? 逮捕の社長

    阿曽山大噴火

  4. 4

    コロナ利得者と化したマスコミ

    自由人

  5. 5

    昼カラ実態「過激なキャバクラ」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    コロナの恐怖煽り視聴率を稼ぐTV

    PRESIDENT Online

  7. 7

    宗男氏「玉木代表は保守政治家」

    鈴木宗男

  8. 8

    玉木代表は合流賛成派に耳貸すな

    早川忠孝

  9. 9

    トランプ氏「ハリス議員は性悪」

    WEDGE Infinity

  10. 10

    周庭氏過去に「日本留学したい」

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。