記事

東京モーターショーにキッザニアが初登場! - 体験内容や予約方法とは?

1/2

10月25日から11月4日まで、東京ビッグサイトにて行われる東京モーターショー。今回は初めて、高校生以下の入場料が無料となり、家族連れで楽しみやすいプログラムが用意されているという。中でも注目はキッザニアとコラボした「Out of KidZania in TMS2019」だろう。そこで今回は、体験内容や見どころをご紹介しよう。

会場はどこ?

キッザニアが出展するのは、青海エリア・青海展示棟のAホール。会場に入ってすぐ右側がトミカコーナー、そのすぐ奥が「Out of KidZania in TMS2019」の会場だ。最寄り駅はりんかい線「東京テレポート駅」ゆりかもめ「青海駅」となっており、有明エリアからは無料シャトルバスが運行している。

どんな体験ができるの?

「Out of KidZania in TMS2019」では、車関連会社10社による11種の職業体験を行うことができる。車の整備やデザイン、レーシングドライバーの体験など、車に関わる様々な職業の体験が可能。主に小学生が対象となっており、一部3才以上の未就学児も体験可能なプログラムが用意されている。1つのプログラムは基本的に30分。どのコーナーでも、制服やユニフォームに着替え、なりきって職業を体験することができる。それでは気になる体験内容を1つずつご紹介しよう。

レーシングドライバーの仕事・本田技研工業

本田技研工業が提供するのはレーシングドライバーになれるコーナー。赤いレーシングスーツを着て、レーサーになりきってレースの世界を体験できる。

モニターを見て、レースの魅力や大変なこと、レーサーになる方法を学んだら、本物のマシンに乗って記念撮影。シミュレーターに乗り、鈴鹿サーキットの国際レーシングコースに挑戦する。芝生に突っ込むとがたがたと揺れたり、スピードが上がると振動したり、本物のカートに乗っているような体験ができる。

体験が終わったら、マシンに乗った写真にレースのタイムを書いたライセンスカードをプレゼント。ドライブが好きな子や、レースに興味がある子におすすめしたいコーナーだ。

車をメンテナンスする仕事・SUBARU

SUBARUのコーナーでは、車を安全に走らせるために必要な車の整備や点検を体験できる。

子どもたちは、実際の整備で使用されるトルクレンチやインパクトレンチといった工具を使い、車にタイヤやホイールを取り付ける。点検チェック表を元に作業を行い、先輩スタッフにスタンプがもらえるまでがお仕事。スタッフのサポートのもと、本格的な整備に挑戦できるため、ものづくりが好きな子や機械に興味がある子には楽しい時間となるだろう。

プログラミングをするエンジニアの仕事・トヨタ自動車

トヨタ自動車からは2つの職業を体験できる。1つ目は、月面探査車をプログラミングするエンジニアの職業だ。

2029年、トヨタ自動車とJAXAは燃料電池車を用いた月面探査機を作る計画を進めている。今回の体験では、月の資源を探しに行く月面探査車の自動運転のプログラミングを、カードを使いながら実践できる。

体験ではSONYのロボットトイ「toio(トイオ)」を使い、カードでプログラム組み立て、ロボットに読み込ませる。道を進むためにはどんなプログラムを作ればいいのかを考え、成功したらクリア。遊びながら、プログラミングを体験できる。考えて挑戦したいタイプの子や、宇宙が好きな子におすすめしたいコーナーだ。

車を組み立てるメカニックの仕事・トヨタ自動車

トヨタ自動車のもうひとつのエリアでは、ディーラーでの整備士体験ができる。教育用に作られた車で、実際の工具を使いながらタイヤの交換やサスペンションの取り付けを実践する。こちらの体験時間は約10分。3才以上の未就学児も体験可能で、先着順で予約なしでも参加できる。兄弟で参加するのもよいだろう。

車に欠かせない部品を組み立てる仕事・ジェイテクト

車の駆動用部品やステアリングを製造しているジェイテクトのコーナーでは、車が曲がる時に必要な作動装置(トルセン)を学び、部品の解体や組み立てを行う。

子どもサイズに作られたスケルトンの差動装置を触りながら、どんな部品があるのか、解体してワークシートにはめ込んでいく。車が動くために必要な部品や装置について学ぶことができる。実際に解体していくので、機械や仕組みが気になる子には楽しい体験となりそうだ。

また未来の小型モビリティコンセプトカーの登場体験もできる。こちらは3才以上の未就学児も搭乗可能。

遠隔操作による災害復旧の仕事・KDDI 

KDDIのコーナーでは、災害を想定したショベルカーの遠隔操作による復旧作業を体験できる。班員になりきった子どもたちは、先輩班員と一緒に道に落ちた石を移動させるミッションに挑戦する。

モニターを見ながら、管制室から離れた場所にあるショベルカーの操作を行う。複数のレバーを使ってショベルカーを動かすため、機械操作が好きな子が夢中になりそうなプログラムだ。

コンセプトカーデザイナーの仕事・日産自動車

日産自動車のコーナーでは、粘土を使った未来のコンセプトカーの作りを体験できる。

カラフルな粘土を自由に使い、未来の車作りに挑戦。完成した車を3Dスキャナーで読み取ると、車はモニターに映し出されたバーチャルの街を走りだす。モニターをタッチすると人が登場し、インテリジェントエマージェンシーブレーキを搭載した車は人を察知して止まるという仕組みも。粘土遊びや造形が好きな子におすすめしたい体験コーナーだ。

金型磨き職人の仕事・マツダ

マツダのコーナーでは、職人の見習いとして金磨きを体験できる。

車のデザインを作るために大切な金型作りを学び、実際にやすりを使いながら金磨きを体験。複数のやすりを使い、金属がピカピカになる工程を学ぶことができる。細かい作業が好きな子や、じっくり取り組むタイプの子は没頭できそう。

車を組み立てる仕事・ダイハツ工業

ダイハツ工業のコーナーでは、本物の車を使った組み立て体験ができる。

4人1組で協力しながら、本物のコペンのフロントやバンパー、ライト、サイドカバーの取り付けを行い、組み立てていく。最後には先輩スタッフ点検を行い、チェックに合格するまでが体験。ボルトを締めたり、フロントを一緒に取り付けたり、本物の車を完成させることができ、車の仕組みが好きな子や、本格的な体験をしてみたい時におすすめしたい。

あわせて読みたい

「東京モーターショー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  2. 2

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  3. 3

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  4. 4

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

  5. 5

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  6. 6

    今井絵理子議員の手話質問を称賛

    山下雄平

  7. 7

    防衛省の給与引き下げに「反対」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  9. 9

    吉村知事の苦言に「ブーメラン」

    女性自身

  10. 10

    GoTo決断を押し付け合う菅VS小池

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。