記事

入試すらない「N高」から慶大生が8人も出たワケ

1/2

学校法人角川ドワンゴ学園の通信制高校「N高」が生徒数を増やしている。現在1万人以上が在籍しており、これは3年前の開校時の約7.5倍だ。この春の第1期卒業生からは慶應義塾大学に8人、早稲田大学に2人の合格者も出た。奥平博一校長は「テクノロジーを活用すれば、必ずしも学校に行く必要はない」という——。

■「社会そのもの」を教師として学ぶ

皆さん、こんにちは。学校法人角川ドワンゴ学園の専務理事で、N高等学校(以下、N高)学校長の奥平博一です。

私は大学を卒業後、公立の小中学校や学習塾を経て、39歳の時に通信制高校へ転職。以来21年間、通信制高校に関わってきました。N高は私とって3校目の通信制高校です。

N高の開校は2016年4月。沖縄県うるま市にある伊計島の廃校を利用しました。開校時の生徒数は1482人。現在の生徒数は2019年10月1日時点で1万1317人。この3年で約7.5倍の規模になりました。

N高はまったく新しい通信制高校です。高校卒業資格の取得にとどまるのではなく、これからの未来に出ていく高校生に向けて、通信制の制度を使った新しい教育を提供する学校です。最大のポイントは「社会そのものを生きた教師としている」という点です。どういうことなのか。順を追って説明してきたいと思います。

入学式は沖縄本校、全国の通学コースキャンパス、六本木のニコファーレをつないで行う - 画像提供=N高等学校

■高校生の40人中2人は通信制

少しずつ変化はあるものの、いまだに「通信制高校」に対する世の中の見方は、決してプラスではありません。それは学校に対する目だけでなく、在籍している生徒の皆さんにとっても残念ながら同じと言えます。

個々の生徒を見れば、目標に向かって努力している人、制度を有効活用してさまざまな活動を行っている人、アルバイトなどをしながら自分の責任で在籍している人などが、通信制高校を与えられた学びの場として活用しています。

平成30年の学校基本調査によると、通信制高校の生徒数は18万6502人。全日制高校の生徒数は315万559人ですから、実は高校生の40人に2人は通信制高校生です。

これが、現実です。一人ひとりの選択が、このような数字になってきているのです。

しかし、多くの人は、自分が経験した学校生活がスタンダードであって、それ以外はイレギュラーなのだ、という考えを持っています。これを変えるのは、かなり難しいことです。

N高等学校の沖縄伊計本校
N高等学校の沖縄伊計本校 - 画像提供=N高等学校

■高校は「大学受験」のためにあるのではない

学校の存在意義とは何でしょうか。

学校の使命は、社会に子どもたちを出して、その社会で生き抜く力、居場所を見いだす力をつけてあげることだと私たちは考えています。学校は、学校を守るために存在するのではなく、生徒の皆さんのために存在するのです。

そう考えると、社会が変化していく中で、学校も変化するのは当たり前です。高等学校の場合、大学受験突破力の育成という点では、存在意義はすでに明確かもしれませんが、さらに一歩先を考えた、社会で役立つ力の育成にどれだけの時間を要することができているのかを見ることが、今、一番大切ではないでしょうか。

通信制高校への評価を変えたい。通信制高校のイメージを変えることで、生徒のイメージも変えられるはずだ。そのためには、教育の世界の人間だけの発想ではなく、教育界以外の考え方を取り入れなければならないと、私は考えていました。そんな時に、ドワンゴ取締役の方にお会いできたことで、さまざまな考えや発想がもたらされ、本当に刺激になりました。その考えは、まさに通信制高校のイメージを変えたい、という思いと合致したものでした。そして、教育とはひょっとしたら遠い存在であったドワンゴに事業を推進してもらうことになったのです。

そうやって開校したN高は、現代の子どもたちに受け入れられました。

N高在籍生の44%が東京・神奈川・千葉・埼玉在住で、大阪・兵庫・京都は17%。人口比率を考える必要もありますが、在籍生の約60%はいわゆる都市部の在住です。新しい教育を求める声は、都市部を中心に確実に出てきていると思います。

■「教育はリアルな場でなければならない」のか

しかし、N高は従来の教育界には、すんなりと受け入れられないものでもありました。何が受け入れられないか、それは、「教育はリアルな場でなければならない」という固定観念に対して、N高はイレギュラー感があるからだと考えています。

現代に生きる子どもたちは、リアルとネットの世界をシームレスに行き来しています。リアルなコミュニケーションしかなかった時代では、一緒にいる時間や距離が親密感の尺度でした。しかし、現在の子どもたちは、一緒にいる時間や距離が親密感に比例していません。同級生でもクラスメートでもない遠隔地でも、ネットでつながっている<友人>はいるのではないでしょうか。

狭い限られた地域では一人でも、地区を超えて、全国、いや世界に広げると、きっと自分と価値観が近い友人はいると思います。実はそれは、大人の世界に近いことでもあります。リアルとネットは、もはや区別できない時代にきていることを、教育機関は認めることが必要ではないでしょうか。

しかし、大人は、分断的にしか捉えられないのです。実際の子どもたちと乖離のある発想をしていることにすら気づいていません。だからこそ、開校以来、自分と親和性を感じた生徒の皆さんがN高に「押し寄せている」のです。あまり変化のない既存の学校から、時代とともに変化した子どもたちがN高にやって来る。このことは、自然な流れではないでしょうか。

■学校説明会は「子が親を連れてくる」

では、N高は、正しいのでしょうか。N高の学校説明会には、多くの生徒が親を引っ張ってきます。従来の通信制高校では、保護者の方が、学校探しの中で通信制を考え、生徒を連れてきていましたが、逆の現象が起こっているのです。

N高では、高校卒業要件の学習のみならず、プログラミング学習を中心に、興味のある分野をオンラインで学ぶことができます。これらは、高校卒業要件とは違う、教育課程外のプログラムです。またリアルな活動にも力を入れており、ニコニコ超会議時に行うN高文化祭や職業体験などにも参加できます。

N高文化祭
ステージ発表など、多くの企画が行われるN高文化祭 - 画像提供=N高等学校

刀鍛冶の職業体験
刀鍛冶の職業体験 - 画像提供=N高等学校

生徒が自分の興味あることから取り組むことは、学びへの意欲を持ち、自分の将来を考えるきっかけになると考えています。

このことが「N高ならやれそう」という思いを生徒自身が持ってくれる要因となっているのではないでしょうか。子どもたちの想いに寄り添った学校になっているという意味で、N高は「正しい」と思っています。

■「自前」だからこそ責任ある教育ができる

N高では、全ての教育課程外の講座を自主作成しています。N高の考えに基づいて制作し、担任のフォローも行き届くようにしています。他の教育機関の講座を使うのではなく、全て自前でやってこそ、責任ある教育、納得がいく教育をできると考えているからです。借り物ならいつでもやめられますが、自前だと吟味し改善していかなければならない責任があります。昨今は、大学受験の講座を予備校に委託する学校も出てきたと聞きますが、N高は、大学受験こそ、自前で行っています。

そしてN高には、通信制高校では珍しく、<クラス>が存在します。オンライン上で<ホームルーム>も展開されます。ただし、全日制のクラスにおけるホームルームとは、異なる空間です。そこには集団ではなく、個の集団が存在しています。この<個>が大切なのです。ホームルームを聞いているだけの生徒もいます。顔を出さない生徒もいます。でもそこに存在し参加しているのです。個を認めることができるのが、N高だと考えています。

大学受験に向けたオリジナルカリキュラムの授業。
大学受験に向けたオリジナルカリキュラムの授業。 - 画像提供=N高等学校

■若い教師を採用、働き方改革を実践

教師は、若いほうが良い。単純にこれが私の考えです。若ければ、経験が足りない、知識が少ないと、さまざまなマイナス点が指摘されますが、それでも若い方が良い。もっと言うならば<学校の教師>に染まっていない若者が欲しいのです。

われわれが最も大切にすることは、生徒との程よい距離感であり、志、決意です。

学校の枠に生徒を当てはめるのでなく、個々の生徒の状況に学校が果たす役割を当てはめる、逆の発想をできることが大切です。この考えを浸透させるには、志を持った、真っ白な新任の教師の方が良いのです。

スキルは学べば良いし、経験は積むしかない。しかし志を変えるのは最も難しいのです。教師は、未来に生徒を送り出す役割があります。その意味で、教師こそ<時代の最先端>でなければならないのです。そのためには、さまざまな情報に接し、学校以外の活動にも積極的に参加し、自らも発信していく必要があります。リモートワークの導入など、働き方改革を積極的に行っているのもそのためです。

あわせて読みたい

「学校教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野村克也氏「イチローは超一流」

    幻冬舎plus

  2. 2

    安倍首相の虚偽答弁 新たに判明

    田中龍作

  3. 3

    生理の妻へ食事配慮 批判の声も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    口座手数料より銀行がすべきこと

    内藤忍

  5. 5

    韓国より低成長 認めぬ安倍首相

    PRESIDENT Online

  6. 6

    朝日が早期退職募集 新聞の明暗

    AbemaTIMES

  7. 7

    桜追及で越年? 野党の戦略に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    沢尻被告「つながりを一切断つ」

    AbemaTIMES

  9. 9

    神田沙也加・元夫への非難に疑問

    いいんちょ

  10. 10

    宗教の垣根超えた中村医師の活動

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。