記事

ハロプロのジャンプ禁止令が新ファン獲得に繋がりそうな理由


モーニング娘。’19らの所属する「Hello! Project(ハロプロ)」が10月24日、ファンに「ジャンプ行為の禁止」を伝えた。ネットでは今回の通達を支持する声が上がっている。

Hello! Projectは公式サイトで「過度なジャンプ行為に関して、状況を改善すべく、各会場でスタッフによるお声かけ・注意をさせて頂いてまいりましたが、残念ながら、依然として以下の状況が発生しております」とつづり、3つの問題点を挙げた。

・周囲のお客様の視界の妨げや周囲のお客様との接触。それに伴う、お客様同士のトラブル

・ジャンプしたお客様の転倒やそれに伴うお客様本人、及び周囲のお客様の負傷

・座席や会場設備の破損

続けて「以上を考慮しまして、2020年1月2日以降、各ユニットを含む全てのHello! Projectコンサートにおいて、ジャンプ行為は禁止とさせていただきます」と伝え、「ご来場いただきましたお客様に安心してコンサートをご覧いただくため、皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます」と結んだ。

「ハロプロのコンサートでは好きなメンバーに存在を知らしめるため、高くジャンプしたり何度も跳び続けることでアピールするファンがしばしば見られます。後ろの客席の視界を妨げますし、周囲のファンに威圧感を与えることも。そういった行為をステージ上からメンバーが注意することもあったと聞きます」(音楽関係者)

Twitterでは「ジャンプ禁止」がトレンド入り。さらにハロプロの決断を支持する声が上がっている。

《あー、遂にジャンプ禁止かー。大柄な男性がすぐ真横でぴょんぴょん飛び跳ねるのほんと恐怖でしかないからね…目の前でされると見えないし…》

《ハロのジャンプ禁止、わたしは正直嬉しい。だって見えないんだもん跳ばれると。。。あと隣で自分より大きい人がビョンビョン飛び跳ねるのはシンプルに怖かったし気が散るんだ…》

《ハロプロは結構振付覚えて踊る人多いし、会場全体でジャンプする曲も多いんだよなぁ…映像見る中で楽しそうとは思ってたんだけど でも、転倒とか椅子破壊の話まで出ちゃうと流石に禁止にせざるを得ないね》

また今回の決定で《ハロプロのジャンプ禁止になったらしいからライブ行ってみたいな》《ハロプロ、ヲタのジャンプ禁止になったんだ~なら研修生公演とかビヨとか行ってみたいな、その辺りのグループ騒ぐヲタが怖いイメージあったので…》といった声も。新たなファン獲得にも繋がりそうだ。

あわせて読みたい

「アイドル」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。