記事

崩れた神話──なぜ日本シリーズの視聴率は低迷したのか

1/2
日本シリーズはソフトバンクの4連勝で幕を閉じた(撮影:山崎力夫)

 日本シリーズ第4戦はソフトバンクが4対3で巨人を下し、4連勝で3年連続の日本一に輝いた。視聴率は初戦8.4%、2戦目7.3%、3戦目9.7%と1ケタが続いていたが、第4戦は11.8%と今シリーズで初めて2ケタをマークした(いずれもビデオリサーチ調べ/関東地区。以下同)。テレビ局関係者が話す。

「通常の番組なら11.8%を取れば、今の時代ありがたいことですが、日本シリーズでこれは期待外れですね。日本テレビからしたらシーズン中、2ケタを見込めるレギュラー番組の代わりに、数試合はナイター中継をして1ケタに終わる。ゴールデン帯が1ケタに終われば、他局との視聴率争いで劣勢に立つので、できるだけ巨人戦ナイターはないほうがいいと考える。それでも、読売と関係性の強い放送局であるし、日本シリーズのこともあるから中継をする。しかし、唯一のドル箱と期待される日本シリーズの視聴率がこれでは……」(以下同)

 巨人が前回日本シリーズに出場した2013年は第3戦こそ16.3%だったが、他は全て20%以上を記録。日本テレビも第4戦の20.3%、第5戦の23.6%と高視聴率の恩恵に授かった。

「2013年は楽天が初優勝し、田中将大がシーズンで24勝0敗1セーブという前代未聞の成績を上げていたことで盛り上がった。巨人だけでなく、楽天のおかげでもある。それでも、2012年の巨人対日本ハムも1試合を除いて、全て17%以上。2000年代以降、野球中継の視聴率が下がり、地上波での中継がほとんどなくなったとはいえ、巨人が出る日本シリーズの数字は高いままでした。しかし、今シリーズはその神話が崩れました」

 過去3年の日本シリーズで視聴率1ケタの試合は、2018年広島対ソフトバンクが2回、2017年のソフトバンク対DeNAが1回、2016年の広島対日本ハムは0回だ。東京に本拠地を持つ巨人が関東地区の視聴率で1ケタ3回は厳しい。

「たしかにラグビーW杯と時間帯が重なったのは痛かったですが、3、4戦は強力な裏番組はなかった。しかも、1、2戦はラグビーだけでなく、他局のバラエティにも負けている。よく地上波だけでなく、BS、CSの視聴率も含める必要があるという意見が出ますが、BSやCSを合わせても雀の涙ほどにしかなりません。視聴者が日本シリーズへの興味を失っているのではないでしょうか」

あわせて読みたい

「日本シリーズ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    年金生活者に支援給付金の新制度

    Hirotaka Kanno

  2. 2

    男性を手玉にとる若い女性の不安

    幻冬舎plus

  3. 3

    日本は最も成功した社会主義国

    自由人

  4. 4

    韓国が安倍政権を叩き始めたワケ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    昇進に影響? 忘年会スルーへ警鐘

    かさこ

  6. 6

    野口健 グレタさんを非難し賛否

    女性自身

  7. 7

    街宣右翼に山本太郎氏「おいで」

    田中龍作

  8. 8

    シン・ウルトラマンに見るヲタ魂

    krmmk3

  9. 9

    サンド M-1でアマに負けた悔しさ

    幻冬舎plus

  10. 10

    沈む米英EUと日本は距離置くべき

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。