記事

偉くなる人は、お線香や香典にも注意しましょうね

違反と言えば違反ではあるが、こういう些細なことまで罰則でもって禁止しようとする公職選挙法にも問題がある。

本人が持参すればお咎めなしだが、本人以上に故人と密接な関係にあった秘書が本人に代わって香典を持って行ったらアウトだ、などというルールは一般の方にはなかなか呑み込めないだろう。

公職に就くと、同時に複数の会合に呼ばれたり、様々な行事に出席しなければならない場合がある。
それぞれに礼を尽くさなければならない時には、どうしても代理を立てなければならないことにもなる。

後援会長の葬式と公務が重なった時は、当然公務用務を優先する。
ごくごく親しい友人の葬式も然り。
時には身内の不幸の場合も、他人には一切言わず、公務を優先する。

公務を優先するのが、大方の国会議員の常識だろうと思う。

最近は育児休暇の取得を考えておられるニュー国会議員の方々も増えているようだから、永田町の常識も徐々に変わりつつあるが、大体の国会議員は常に公務ファーストだろうと思っている。

某大臣が秘書に香典を届けさせた、ということが大問題になりかかっているが、こういう形態が本当に選挙人買収に当たるのかどうかということはよく考えた方がいい。
形式的には有権者に対する金銭供与には当たるが、実質は通常の社会的儀礼の範囲内で、受領者の投票意思をまったく左右する可能性が認められない態様での金銭許与だろう、というのが私の考えである。

もっとも、取り締まり当局がどのように判断し、どのように取り扱うか分からないので、弁護士としてのアドバイスは、危なそうなことはお止めなさい、ということになるのだが・・。

いずれ公職選挙法の罰則規定は見直した方がいいな、というのが私の現時点での感想である。
ご参考までに。

あわせて読みたい

「公職選挙法」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  2. 2

    瞳から家バレ 襲われたアイドル

    阿曽山大噴火

  3. 3

    リーマン当時と違う業界別壊滅度

    Chikirin

  4. 4

    都からの移動者 厳しい対応必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

  6. 6

    30万円給付に与党からも不満続出

    藤田孝典

  7. 7

    家賃支払いが不安な人への支援策

    中川寛子

  8. 8

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  9. 9

    緊急事態宣言は安倍政権の大博打

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  10. 10

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。