記事

出雲を制した国学院大 箱根駅伝を勝つ秘策とは


伏兵から本命へ(時事通信フォト)

 来年1月の箱根駅伝で、優勝候補となる、“ダークホース”が現われた。10月14日の出雲駅伝は、前々日に台風19号が東日本を直撃したため、関東の出場大学が現地入りの日程やルートを変更するなど、異例の状況での開催となったが、大会を制したのは、過去10位が最高の国学院大だった。4位でタスキを受けた最終6区の土方英和(4年)が区間賞の快走で37秒差を逆転してみせた。

 前日夜のラグビー日本代表戦を取材後、羽田に宿泊して島根に飛ぶというハードスケジュールで現地取材したスポーツジャーナリスト・生島淳氏は、大会前から国学院大を有力な優勝候補に挙げていた。

「今年3月の日本学生選手権のハーフマラソンでは土方君、エースの浦野雄平君(4年)が上位に入ったし、選手たちのトラックのタイムを見ても、青学大、東海大、東洋大、駒澤大という昨季までの4強を脅かす存在だった。本番でも全区間でミスなく走って、最終区の逆転劇につなげました」

 気になるのは、正月の箱根路でどうなるかだ。スピード重視の出雲駅伝が6区間45.1kmなのに対し、箱根駅伝は10区間217.1kmと距離が大きく延び、レース特性は全く異なる。

「かなり先の話で予想は難しいが、国学院大のメンバーの実力なら距離が延びることに問題はない。しかも山登りの5区には前回区間新の浦野君がいて、少なくとも往路優勝は十分に狙える。

 あとは出雲のアンカー・土方君が何区を走るのか。普通に考えれば“花の2区”ですが、前回の東洋大がエースの相澤(晃)君を4区に配したように、あえて2区を避けて勝負する可能性もある。箱根駅伝の戦略は多様化しています。国学院大がどんなオーダーを組むか、他の大学がマークしなくてはならなくなったことは間違いない」(同前)

 過去、箱根では7位が最高の伏兵が、一気に今季の主役に躍り出た。

※週刊ポスト2019年11月1日号

あわせて読みたい

「箱根駅伝」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  2. 2

    迷走続ける菅政権 首相を苦しめる「成り上がり」のジレンマ

    御田寺圭

    02月25日 10:59

  3. 3

    10万円給付金問題 立憲民主党も非課税世帯中心に限定給付案をまとめる これでは政権奪取は無理だ

    藤田孝典

    02月25日 13:53

  4. 4

    ワクチン確保に慌てる必要なし 政府批判は動きを非効率化させる危険も

    中村ゆきつぐ

    02月25日 07:19

  5. 5

    犬や猫の店頭販売やペットのネット販売禁止へ 動物愛好国フランスの"一歩"

    BLOGOS編集部

    02月25日 07:06

  6. 6

    「日本資本主義の父」渋沢栄一が現代の首相たちを見たらどう思うのか

    毒蝮三太夫

    02月25日 06:33

  7. 7

    Go Toトラベル、再開是か非か

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    02月25日 10:18

  8. 8

    【119カ月目の新地町はいま】災害ごみ仮置き場に響く「五輪どころじゃない!」の叫び 10年目の大地震で聖火リレーコースも損傷

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    02月24日 09:28

  9. 9

    2020年代の産業革命

    ヒロ

    02月25日 10:48

  10. 10

    ビートたけしが若者に「スマホを手放す勇気を持て」と語る理由

    NEWSポストセブン

    02月24日 17:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。