記事

韓国の李首相と枝野代表、福山幹事長が会談

1/2

 枝野幸男代表と福山哲郎幹事長は23日午後、韓国大使館で李洛淵(イ・ナギョン/イ・ナクヨン)首相(国務総理)と会談。会談の冒頭、枝野代表からは次のような発言がありました。

(1)即位礼正殿の儀への出席のお礼
(2)日韓関係が残念な状況だが、2国の問題だけではなく東アジア全体の平和と繁栄、世界の平和と安定のために日韓関係が悪い方向に進まないようにすることが重要
(3)元徴用工の問題について、日韓請求権協定という重たい歴史があることを踏まえ、解決策をしっかりと導いていただきたい
(4)軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の問題について、できるだけ早く良い報告での解決を期待
(5)2国間の、特に若い世代で両国に対するシンパシーは高まっていた側面があったが、残念ながらここ一連の動きの中で、文化、国民相互の交流、経済など、さまざまな分野に悪影響が出ていることを大変残念に思う
(6)両国の政治外交以外の部分で関係を悪化させることなく、相互の信頼度を高めていけるよう、われわれも努力をして参りたい。また韓国政府におかれても、そうした思いを示していただきながら政府と交渉していただきたい

 これを受けて李首相から、次のような言葉がありました。

(1)今上天皇のご即位へのお祝い
(2)日本国民の皆さまがさらに隆盛に向かい、幸せになることを祈っております
(3)台風19号の豪雨により家族や財産の被害に遭われた日本国民の皆さまに韓国国民を代表してお見舞いを申し上げます
(4)韓日関係において大きな進展をもたらしてくれた菅直人談話に感謝し、そのことを覚えています
(5)その当時、日韓議員連盟会長は渡部恒三先生で、私は韓日議連幹事長だったことを覚えています
(6)枝野代表がおっしゃった通り、韓日の間では円満ではない状況が形成されてる
(7)日本国民の大多数が日本政府が現在取っている政策に対して支持をしている反面、日韓関係・韓日関係をこのままにしてはならないと多くの人々が同意していることと承知している
(8)現在の韓日関係は1965年の条約・協定の上に立っています
(9)日本がそうであったように、韓国政府もその条約・協定を尊重し遵守してきたし、これからも尊重し遵守していく
(10)現在、立場の違いが表れているが、過去の2国間がそうだったように、現在の問題に対しても知恵を絞って対話を通じて解決していかなければならないし、そうすることが出来ると考えている
(11)枝野代表におかれましても、知恵を出し、政府間の協議に協力いただきたい
(12)いくつかの問題が同時にあり、その問題を互いに最大限の努力を通じて解決していきたい。
(13)特に、このような両国間の政治外交的の問題で若者の心に傷付くことがないようにしたい。青少年がさまざまな偏見にこだわらず、こだわりのなく相手国を見つめ合い未来を創造し関係を構築していくことができるよう、政府の立場から目に見えない方向で支援を行っていくことが必要だと考えている
(14)その過程で、枝野代表のご指導をお願い申し上げたく、また私の長い友人でもある福山さんとも努力していきたい

 その後の懇談では、将来の日韓関係をより明るくするために、自制的でないさまざまな意見・論評に流されないよう、対話を重ねていくことが必要との意見が交わされました。

 会談には韓国側から、チョ・セヨン外交部第一次官、ナム・グァンピョ駐日韓国大使、チェ・ビョンファン国務調整室第一次長、チュ・ジョンヨン総理外交補佐官、イ・サンリョル外交部アジア太平洋局審議官が同席しました。

あわせて読みたい

「枝野幸男」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    屠畜作業への理不尽な差別の実情

    岸慶太

  2. 2

    新エンジン投入へ マツダの知恵

    片山 修

  3. 3

    自宅ビール用 究極の節約つまみ

    中川 淳一郎

  4. 4

    N国が退潮か 我孫子市議選で落選

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    秋篠宮さま「即位辞退」の現実味

    NEWSポストセブン

  6. 6

    GSOMIA破棄目前 韓国に奇策も

    文春オンライン

  7. 7

    前夜祭 安倍首相は会費払ったか

    郷原信郎

  8. 8

    女子大生が教える最新ラブホ事情

    BLOGOS編集部

  9. 9

    宗男氏 枝野代表に「お門違い」

    鈴木宗男

  10. 10

    立民議員 ホテル側の説明に期待

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。