記事

東京モーターショーは入場者数100万人を達成できるか

第46回東京モーターショー2019が明日、24日に開幕します。モーターショー自体の存在感が薄れつつあるなか、主催者の日本自動車工業会会長でトヨタ自動車社長の豊田章男さんは、入場者数100万人の目標を掲げています。実現できるでしょうか。

※トヨタ社長の豊田章男さん

今回のモーターショーは、自動車だけでなく、さまざまな領域の企業が参加しているのが特徴です。NECが「空飛ぶクルマ」の試作車を展示するほか、NTTが「5G」を使った未来のスポーツ観戦や地方観光の体験を紹介します。

「ドローンチャレンジカップ」や「e‐モータースポーツ」など、未来を先取りしたイベントも行われます。

異業種を巻き込むことで、モーターショーを活性化するのが狙いです。

東京モーターショーの来場者数は1991年の200万人をピークに減少し、前回の17年は77万人にとどまっています。

その反省を込めて、豊田章男さんは自工会の会見の席上、「かつては、新しいクルマを置いているので、見にきてくださいという感じでした。今回は見てもらうだけでなく、未来を楽しんでもらいたい」と述べました。

つまり、来場者を増やすために、ターゲットを広げていこうというのが、今回の東京モーターショーなんですね。

今日23日は、報道陣向けのプレスデーとして、出展者トップによるプレスカンファレンスが行われましたが、とりわけモーターショーの様変わりを象徴していたのが、午後1時30分から行われたトヨタブースのプレスカンファレンスでした。

※Vチューバーのモリゾウ

豊田章男さんは、「Vチューバー(動画配信用のアバター )のモリゾウこと、豊田章男です」といって登場しました。

そのあと、本物の豊田章男さんが、東京五輪の選手村で巡回車として使われる自動運転EV「イー・パレット」に乗ってあらわれ、「このブースには、来年発売されるクルマは一つもありません」と述べました。

もはやモーターショーの主役はクルマではないのか。

来場者数の減少に歯止めをかけるには、クルマに興味がない人たち、そして家族連れ、子供たちも取り込んでいかなければならないということなのでしょう。

実際、今回は、入場無料の対象を高校生以下に拡大していますからね。

果たして、イベント主体、体験主体のモーターショーはどんな結果が出るのか。来場者数100万人は達成できるのか。

東京モーターショーは大きく変わろうとしています。

あわせて読みたい

「東京モーターショー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪意感じたオリラジ中田批判記事

    たかまつなな

  2. 2

    中国の年金使い込み 大変な事態

    団藤保晴

  3. 3

    女性題材にして炎上 触るな危険

    中川 淳一郎

  4. 4

    疑惑の政治家に不逮捕特権が復活

    渡邉裕二

  5. 5

    山下達郎のAIひばり批判は爽快

    常見陽平

  6. 6

    石破氏の根拠ない自衛権論に疑問

    篠田 英朗

  7. 7

    岩井志麻子氏「乳首」発言の裏側

    NEWSポストセブン

  8. 8

    植松聖被告「小指噛みちぎった」

    篠田博之

  9. 9

    小栗旬社長就任へ 現社長認める

    女性自身

  10. 10

    「AI美空ひばり」は腹話術の人形

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。