記事

リオ・ティント、住友化学との合弁アルミ事業で減産・閉鎖の可能性


[23日 ロイター] - 英豪系資源大手リオ・ティント<RIO.L><RIO.AX>は23日、住友化学<4005.T>との合弁事業であるニュージーランドのアルミニウム製錬所「ニュージーランド・アルミニウム・スメルター(NZAS)」の生産削減か、閉鎖を実施する可能性があることを明らかにした。アルミ市場の低迷やエネルギーコストの高さが理由で、2020年初めに決断を下すという。

2030年までNZASに電力を供給する契約を結んでいるニュージーランドの電力最大手メリディアン・エナジー<MEL.NZ>にとって打撃となる可能性があり、同社の株価は8%超急落した。

リオ・ティントとメリディアンによると、NZASが閉鎖された場合、リオと住友化学は約2億5600万ニュージーランドドル(1億6400万米ドル)の浄化コストに直面するという。住友化学は同事業の権益20%を保有している。

リオ・ティントは、発表文書で「アルミ業界の短期および中期見通しは厳しく、この資産は不採算が続く見込みだ」と指摘。NZASについて、来年第1・四半期に戦略的見直しを完了するとした。

リオとメリディアンは事業の採算化に向け、ともに取り組むとしている。

UBSは、この発表を踏まえ、NZASは稼働を続けると予想した上で、閉鎖リスクが高まったとし、コンタクト・エナジー<CEL.NZ>やジェネシス・エナジー<GNE.NZ>をはじめ、ニュージーランド国内の電力生産・小売会社全般に打撃を与える可能性があるとの見方を示した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    国民議員 無責任な玉木氏に仰天

    篠原孝

  2. 2

    よしのり氏 堀江氏の主張に賛同

    小林よしのり

  3. 3

    コロナで他人を攻撃する日本人

    文春オンライン

  4. 4

    感染拡大 政府に翻弄される沖縄

    神里純平

  5. 5

    ポリ袋はエコ 製造会社涙の訴え

    PRESIDENT Online

  6. 6

    木下サーカス 収入90%減のピンチ

    BLOGOS編集部

  7. 7

    昼カラ実態「過激なキャバクラ」

    NEWSポストセブン

  8. 8

    合流賛成派にも配慮した玉木代表

    早川忠孝

  9. 9

    小池都知事の思い付き公約に疑問

    舛添要一

  10. 10

    韓国に完敗した日本のエンタメ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。