記事

「即位の礼」 まばたき“禁止”の一団――陸上自衛隊の花形「特別儀仗隊」を知っていますか? 陸上自衛隊第302保安警務中隊 インタビュー#1 - 鼠入 昌史

1/2

【写真】陸上自衛隊の“花形”特別儀仗隊の写真を見る(全14枚)

 国賓来日時の羽田空港などでのお出迎え。または皇居、迎賓館、首相官邸などでのお出迎え。そうしたときに、ひときわ規律正しい動きを披露している一団を目にしたことがないだろうか。着剣した銃剣を手にビシッとした制服を身にまとい、号令に一糸乱れぬ動きを見せる――。この集団は、陸上自衛隊第302保安警務中隊から編成される特別儀仗(ぎじょう)隊。彼らが披露する特別儀仗は、日本ではこの第302保安警務中隊の隊員しか担うことのできない“唯一無二”の任務なのだ。いったい、この唯一無二の任務を果たす隊員とはどんな人物なのか。そして特別儀仗ならではの厳しさや面白さとは? 陸上自衛隊第302保安警務中隊の飯田博臣2等陸曹に話を聞いた。

(全2回の1回目/#2へ続く)

特別儀仗を行う陸上自衛隊第302保安警務中隊

◆◆◆

「国賓の来日」「防衛大臣の離着任」での儀式のようなもの

――まず、そもそも第302保安警務中隊とはどのような部隊なのでしょうか。

「陸上自衛隊には例えば普通科、機甲科などいろいろな職種があるのですが、その中の警務科職種にあたります。保安警務中隊は各方面警務隊に配属されていまして、第302保安警務中隊は東部方面警務隊の所属。そして我々だけが特別儀仗を担当することができることになっています」

――その特別儀仗というのは、どのようなものなのでしょうか。

「国賓が来日した際や防衛大臣・副大臣・政務官の離着任時に行う儀式のようなもので、我々第302保安警務中隊と陸上自衛隊中央音楽隊で行います。特別儀仗隊には3個小隊があり、儀仗指導等を行う本部要員を含めて通常約100名で儀仗を実施しますが、状況によっては人員を減らして儀仗を実施することもあります」

――それはその特別儀仗の重要性によって変わる、ということですか。

「いえ、そういうことではありません。受礼者や儀仗実施場所の広さ等を鑑みて防衛省や外務省等からの指示により編成が決められています」

「23年、700回以上」の特別儀仗に参加

――特別儀仗はどれくらいの頻度で行われているのですか。

「国賓の来日時などに行うので定期的ではありません。間が空くこともありますし、サミットなど複数の国賓が来日する際には1日に何度も実施することも。通算では2900回以上(2019年10月9日現在)、特別儀仗を実施しています」

――飯田2曹ご自身はどのくらい参加しているのですか。

「私は平成8(1996)年に自衛隊に入隊して新隊員教育を終えてからずっと保安警務中隊にいますから、もう23年くらいやっています。だから細かい数字までは覚えていないのですが、700回以上にはなっていると思いますよ」

「9人が横から見て1人に見えるのが理想」

――700回! ということは特別儀仗の通算実施回数の2割以上に飯田2曹が関わっているということになるんですね。となるとだいぶベテランになりますよね。もう特別儀仗も慣れたもの……。

「そうですねえ、中隊の中ではベテランの方になってしまいますね(笑)。でも、今でも儀仗のたびに緊張しますよ。儀仗隊の動きはほんの少しのズレでもダメ。ミリ単位で動きを合わすことが求められます。1個小隊で横に9人ずつ3列に別れて並ぶのですが、並んだ9人が横から見て1人に見えるというのが理想なんです。ですから少しでも気を抜き身体が前のめりになったり、手に持っている銃がほんのわずか前に傾いたり、そういうことがあれば、儀仗は台無しです。訓練ではまだしも、本番では絶対に許されないこと。ですから、700回以上やっても緊張はするし、緊張感を持っていなければいけないと思っています」

――ミリ単位とはすごいですね……。訓練の様子を拝見しましたが、我々が見ても何がダメなのかわからなかったのに厳しい指導の声が飛んだりもしていました。

「彼らはみなたくさん訓練を積んできた隊員たちですから、練度は相当に高いんです。だからみなさんが見ても何が良くて何が悪いのかはほんの微々たる差ですからわからないと思います。でも、我々が見たら一目瞭然。訓練でしっかりと合わせて、本番を迎えています」

つま先は60度、足の開きは25cm

――相当な厳しさが伝わってきますね。なんでも、足を開く角度とかも決まっているとか。

「つま先は60度と決まっていますね。あと“整列休め”のときには足を25cm開く。だから誰か1人でも少しズレているだけで目立ってしまうんです。これを身につけるには……もう訓練しかないですね。矯正具がありまして、最初は毎回つま先にあてがわれて『違う!』と怒られて。その繰り返し、何回も何回もやるしかない。姿勢にしても同じです。人間の身体はどうしたって楽な方にいくんです。何も力を入れずに自然に立つと、ほとんどの人は前傾します。そこをぴしっと真っ直ぐに正していく」

――言葉にすれば簡単そうですけど、10秒20秒だけという話じゃないですもんね。

「少し気が抜けると、呼吸するだけで身体が前に出たりするんですよ。まあ、これもミリ単位だから皆さんにはわからないと思いますが(笑)。あとはまばたき。もちろん人間なのでまばたきを絶対にしないというのはムリですが、できるだけしないようにする。これは……訓練というよりはただただ我慢するしかないですね」

あわせて読みたい

「陸上自衛隊」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ氏への請願黙殺する自民

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    野村克也氏「イチローは超一流」

    幻冬舎plus

  3. 3

    安倍首相の虚偽答弁 新たに判明

    田中龍作

  4. 4

    韓国社会を映す韓流スターの自殺

    渡邉裕二

  5. 5

    「サイゼ料理をアレンジ」は面倒

    fujipon

  6. 6

    中村哲医師はなぜ銃撃されたのか

    NEWSポストセブン

  7. 7

    高圧的な立民 野党合流は困難か

    早川忠孝

  8. 8

    Uberで性暴行 約半数は客の犯行?

    島田範正

  9. 9

    出所したら…新幹線殺傷男に衝撃

    文春オンライン

  10. 10

    Nスぺ地震特集に「完成度低い」

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。