記事

【読書感想】ひとりで生きる 大人の流儀9

1/2

ひとりで生きる 大人の流儀9

内容紹介

一人で生きることを自覚せよ、と言っても、そう簡単にできるものではない。泣く雨の夕暮れも、一人で膝をかかえて星を見上げる夜半もあるであろう。孤独というものには、やるせなさがどこかに隠れている。なのに一人で生きようとしている人には、家族、兄弟姉妹、仲間、同僚、友と日々、逢ったり、連絡を取り合って、普通に生きている人たちには、ないものがある。あの潔さに似たものは何なのだろうか? ひとりで生きることは、一見淋しいものに思えるが、実は美しい人間の姿であるのかもしれない。――伊集院静

シリーズ累計195万部超の大ベストセラー第9弾。

 「孤独死」を恐れる高齢者が積極的に婚活をする本を最近読みました。

fujipon.hatenadiary.com

 僕自身は、ひとりでいることにそんなに退屈しないのです。

 ゆっくり本やゲームに没頭できるな、と思いますし、出張先でビジネスホテルの部屋にひとりきり、なんて状況になると、うれしくなってしまうくらいです。

 孤独死、というのも、あまり腐敗して片付ける人に嫌がられたくないな、という気持ちはあるのですが、いざ死ぬときって、寂しいとか、それどころじゃなかろう、と考えているのです。

 でも、それは僕自身が、まだ40代後半で、「本物の、先の見えない孤独」を知らないからだ、という気もするんですよね。

 シニア婚活をしている人たちのなかにも、まさか自分がこの年齢になって婚活をするなんて、という人が多いみたいですし。

 高齢化社会で、孤独な人が増えてきている一方で、近頃、「孤独に生きることを、ネガティブに考えるのはやめよう」という高齢者からのメッセージをこめた本を書店でよく見かけるようになりました。

 このエッセイ集のタイトルでもある「ひとりで生きる」ということについて。

(若者が「一人で生きる」と決心することは、「孤独を学ぶ」とか「己を見つめる時間を持つ」という意義もあり、良いことだろう、と述べた後で)

 しかし世の中は若い人だけではない。いろんな人が生きている。

 そんな人の中には、一人で生きざるを得ない状況、立場の人は、私たちが想像するより多勢いる。

 家族、伴侶を失った人もいれば、置かれた立場が一人で生きざるを得ない人もいる。

 そういう人たちが、何かの折に、一人でいることに戸惑い、不安になり、どうしたらよいのか途方に暮れることがある。

 私の周囲にも、そういう人たちがいて、その切ない気持ち、揺れ動く感情を耳にすることもある。

「何やら寂しくて、どうしようもないんです」

「一人でいると不安でしかたありません」

 中には開き直ってしまったのか、

「伊集院さん、所詮、人間は一人で生まれ、一人で死んでいくのよね」

 と言う人もいる。私はそう言われると、

「人は一人では生まれないし、一人で死んで行くことはないと思います」

 とはっきり言う。

 両親が存在していたから生まれたとか、孤独死は、その死の状況を見るから、そう思えるのだとか、屁理屈でそれを否定しているわけではない。

 極端な言い方をすると、人は生まれた時から一人ではないし、この世を去る時も一人ではない、と私は思っている。

 人間という生きものは一人で生きるようにできていない。

 こういう言葉って、「そんなの綺麗ごとだよ」って言い返したくなるのだけれど、伊集院静さんという人の口から発せられると、「そういうものかもしれないな……」と、妙に納得してしまうところがあるのです。

 いやまあ、かなりこわいイメージがある伊集院さんに面と向かって反論する勇気のある人は、なかなかいないとも思いますが。

あわせて読みたい

「ライフ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沖縄での自衛隊めぐる発言に疑問

    和田政宗

  2. 2

    玉木代表は「分党」の考え見直せ

    おくの総一郎

  3. 3

    日本企業が離れていく韓国の苦境

    PRESIDENT Online

  4. 4

    日本の徴用工補償「筋通らない」

    文春オンライン

  5. 5

    小沢一郎氏に翻弄された玉木代表

    早川忠孝

  6. 6

    日英で違う終戦記念日の過ごし方

    小林恭子

  7. 7

    天皇が靖国神社を参拝しない背景

    幻冬舎plus

  8. 8

    マイナポイント5千円分付与の罠

    女性自身

  9. 9

    氷河期世代に刺さった半沢の言葉

    PRESIDENT Online

  10. 10

    なぜ韓国の失業率は低い水準か

    ニッセイ基礎研究所

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。