記事

皇統の危機が心配だ

今日は即位礼正殿の儀で祝日のようだ。
おめでたいことだが、わしは皇位継承問題が気にかかる。

本当に男系固執派は、旧宮家系だがもはや一般国民として生まれ育った、見たこともなく、いるのかいないのかも分からない男を、しかも男系血統ならば今の天皇から600年も離れた一般市民を、4人も唐突に皇族にすることができると思っているのだろうか?
「この人たち、誰?」と国民は思わないのか?

そうやって設計主義的に男系皇族を増やしたとて、側室がない状態では、たちまち男子の数が足りなくなって、また民間人から男系皇族を補給しなければならなくなってしまう。
そんなことをしていて皇室の権威は保てるのか?

側室がなくなった時点で、男系やら女系やらにこだわる伝統は無意味になった。
もはや男系は因習であり、因習は捨てなければならない。
因習にこだわったら、カルト信仰になる。

たったそれだけのことが分からない者たちは、つまりちょんまげを切りたくないと抵抗した武士階級と同じである。

皇統の危機は男系固執の者たちによって招かれている。
伝統とは何かを再考する必要がある。

あわせて読みたい

「天皇制」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。