記事

《慶應アメフト》泥酔暴行逮捕の電通幹部もOBだった! 部員わいせつ行為撮影や窃盗事件も【流出写真入手】 - 「週刊文春デジタル」編集部

 慶應アメフト部員による“女性用露天風呂盗撮問題”。10月15日、同大アメフト部が公式ウェブサイトで、「著しく不適切な行為」があったとして無期限の活動自粛を発表した。

 そしてその2日前、横浜の日産スタジアムで行われたラグビー・ワールドカップの日本vs.スコットランド戦後、電通の前新聞局長・吉野純容疑者(51)が警備員のアルバイトをしていた男子学生(21)の顔を殴ったとして暴行容疑で現行犯逮捕され、15日に釈放された。実はこの吉野前局長も同大アメフト部出身だ。

連続して起きた部活関係者の不祥事

「吉野前局長は卒業する1991年まで慶應アメフト部に所属し、卒業後に電通に入社した。暴行した当日は酒に酔っていて、ラグビー観戦後に誘導用のゲート柵に体当たりしていたところを警備員の男性に注意され、逆ギレして男性の顔を殴ったそうです」(社会部記者)

 期せずして同時期に報じられた慶應アメフト部出身者らによる不祥事。「週刊文春デジタル」がアメフト部関係者に取材を進めると、慶應アメフト部には“悪しき体質”が蔓延していることがわかった。


部員の集合写真(2019年4月8日「慶應義塾体育会アメフト部UNICORNS」Twitterより)

2人の男性部員が女性1人とわいせつ行為撮影

 慶應アメフト部OBが内情を告発する。

「私が在部していたのは2~3年前ですが、当時は卒業生を送り出す会などのイベントで酒に酔って屋外で全裸になったり、居酒屋の壁を壊したりしていました。部員200人が路上で騒いでいて通報されるということも頻繁にありました。でも部員はみんな足が早いですから。警察が駆け付ける前に走って逃げて捕まらなかった。

 2017年には部内でわいせつ写真騒動もありました。部員数名がナンパした女の子たちとホテルでわいせつ写真を撮ったんです。後日、全く関係のない部員が悪ふざけでその写真をSNSに載せて問題になった。写真はすぐに削除されましたが、掲載した部員は自主退部しました。ホテルで撮影した部員たちにも処分はありませんでしたが、のちに自主退部した部員もいます。しかしこの問題も内々に処理され、公になることはありませんでした」

部内で盗まれた数十万円の防具費用

 この前年には“窃盗事件”も起きている。

「アメフトは防具をつけて試合をするのですが、大きいので学校に販売業者が訪れるんです。ほとんどの部員がそのタイミングで購入します。だからその日は大金が集まる。そのタイミングで部員のお金が盗まれることが何度か起こりました。被害額は数十万円単位。状況から、おそらく部内の犯行だろうと言われていました。しかし警察に被害届を出すこともせず、犯人が特定されることはありませんでした。

 ほかにも当時1~2年の部員10数名による“未成年飲酒”もありました。クラブで飲酒しているところを部の上級生に見つかり、当事者たちは1カ月~半年の謹慎処分になりました。しかし処分理由は未成年飲酒ではなく、『練習の前日は酒を飲まない』という部内規則に違反したからというもの。慶應アメフト部は法律よりも部のローカルルールで動いているんです」(同前)

指導陣は見て見ぬふり?

 別の慶應アメフト部OBは「トラブル対処方法に問題がある」と指摘する。

「問題が発覚するとトラブルを起こした同期部員がミーティングをするんです。そこで同期内で処分を決める。その結果を上級生に伝え、最終的な処分が決定します。監督やヘッドコーチは、問題発生から処分決定まで直接関わることはありません。いい解釈をすれば部の自治を重んじているとも言えますが、問題の重大性を考えるとあまりに無責任です。自分たちが知ってしまうと責任をとることになるからあえて目を伏せる、という意図もあるんだと思います。

 昨年、日大アメフト部のタックル問題が明るみになった時に、過去のわいせつ写真や未成年飲酒について、公表するなら今じゃないのかなって思っていました。しかし公表されることはありませんでした」

  脈々と受け継がれている慶應アメフト部の“隠蔽体質”。その原因は慶應幼稚舎からつながる、内部生特有の結束力にあるという。

『俺たち何か悪いことした?』程度の認識

「慶應アメフト部は選手もマネジャーもみんな仲がいい。理由は他の部活に比べて内部進学生が多いから。慶應にはアメフトの基礎を学べる、幼稚舎のフラッグフットボールチームや、中学生のクラブチーム『ジュニアユニコーンズ』があるんです。そこからずっと一緒だったメンバーの結束力は本当に強いし、お金持ちの家の子たちばかりなので特有の優越感を共有していて悪ノリすることも多い。部内にはその雰囲気が伝播していました。

 だから部員の多くは問題を起こしても『俺たち何か悪いことした?』という程度の認識です。隠蔽も仲間を守ったんだという認識。在部中は“慶應”というマフィアみたいだなと感じていました。今回の盗撮行為を公表したのも問題発覚から2カ月後ですもんね。監督やコーチらも、見て見ぬフリをすることで部員の甘さを助長させていた」(同前)

隠蔽体質を改善しようとした新部長

 今回、無期限活動自粛とともに監督を辞任した久保田雅一郎前監督も、慶應アメフト部OBだという。1992年慶大卒で同大アメフト部では主将を務め、先日逮捕された電通の吉野局長の一期下の後輩にあたる。

「試合前は部員を鼓舞するために厳しいことも言いますが、普段の練習では部員とあまり関わることはありません。顔を出しても週に1~2日程度。部の風紀の問題にはまったく関与しません。今回の盗撮事件発覚後も何食わぬ顔で、部員を試合に出場させていました。
 
 盗撮事件によるアメフト部の活動自粛が公表されたのは、今春から部長に就任した田中謙二氏(医学部准教授)が盗撮を問題視したからだそうです。田中部長になり、部内の隠蔽体質を変えていこうとする動きが生まれています」(現役慶應アメフト部員)

 田中部長に処分を公表した経緯についてコメントを求めたが、「本件については、すべて、慶應義塾広報へ伺ってください」とメールで返信があった。

 慶應義塾広報にも過去のトラブルについて事実確認をしたところ、「ご質問の件につきましては、回答を差し控えさせていただきます」と文書で回答した。

 慶應アメフト部は“悪しき体質”を一掃することができるのだろうか。

(「週刊文春デジタル」編集部/週刊文春デジタル)

あわせて読みたい

「慶應義塾」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    現金にこだわるサイゼ社長に呆れ

    永江一石

  2. 2

    中年男性とJK密会描く漫画が物議

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    現金ばかり 日本と変わらぬ台湾

    川北英隆

  4. 4

    国内に虚勢張る韓国 外交で難点

    NEWSポストセブン

  5. 5

    元セガ社長の暴露に「ムカつく」

    fujipon

  6. 6

    維新が森ゆうこ議員の懲罰を要求

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    深い憂慮 維新が香港に公式声明

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    桜を見る会 首相収支報告に疑義

    畠山和也

  9. 9

    駐韓米軍が一部撤退も 負担巡り

    ロイター

  10. 10

    安倍首相だけを批判する朝日の罪

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。