記事

今回で最後にしたい即位恩赦制度

十分な国民的議論がないのにいきなり中止するわけにはいかなかったのだろうが、即位恩赦制度は今回で最後にされては如何か。

これ、天皇の政治利用の一種じゃないですかね。

今日は、即位礼正殿の儀が行われることから、今年に限っての国民の祝日とされている。

何もそこまでする必要はないんじゃないかな、と私自身は思っているが、諸外国から多くの賓客を招いて諸行事が行われることから、警備の都合上一斉に休日にしてしまうことが簡便だということであえて国民の祝日にしたのだろう。

まあ、大方の国民が納得されているのであればそれもいいか、と思うが、こういうことは余り重要な先例にはして欲しくない。
どれだけの議論がされたのかな、と疑問になるが、私の記憶には何も残っていない。

象徴天皇制の下での天皇即位をどのように見るか、ということは結構難しそうなテーマであるが、官邸筋はどうやら国会で紛糾したり、国民を巻き込んでの激しい議論にならないように、実に慎重に事を運んで来られたようだ。

見事なものだ、ととりあえずは申し上げておこう。

しかし、即位恩赦はこれで終りにされたらいい。

一種の司法権の侵害、国民主権の否定ないし制限になりかねない要素がそこにありそうな気がしている。

あわせて読みたい

「恩赦」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。