記事

「歌いたい」がんを克服した堀ちえみ、リハビリを経て叶えたい目標を明かす



 今年2月に舌がん、4月に食道がんの手術を受けたタレントの堀ちえみ(52)が20日、都内で著書「Stage For~舌がん『ステージ4』から希望のステージへ」の発売記念サイン会を開催した。



 舌のリハビリ中のため、質疑応答やトークはできなかったものの、サイン会を通じて100人のファンと交流した堀。報道陣には自筆の書面が配布された。内容は以下の通り。

「皆様 こんにちは、堀ちえみです。本日は私の出版記念サイン会にお越しいただきありがとうございます。今年の1月に舌がんが見つかり2月に手術を受けました。首のリンパ筋にも転移があり、10時間以上の手術は想像を絶するほどの大きな手術でした。6割以上の舌を切除し、そこに太ももの一部を移植した為、まだ言語がおぼつかない状況です。この病気をして失ったものは沢山ありました。

でも実際には、得たものも沢山あったのではないかと…そんな気持ちでいます。沢山の皆様にまだ言葉で伝えられない分、一生懸命文字で綴りました。今後もリハビリを頑張り一日も早く復帰できればと思っております。ありがとうございました。堀ちえみ。」

 著書では、病気が発覚してからの苦悩や葛藤、それを支えてくれた家族についてつづられており、どんな人に読んでほしいかという質問に、堀は文書で「私のようにがんを経験された方や今現在病気と闘っている方、またそのご家族やご友人にも、ぜひ読んでいただけると幸いです。辛い闘病体験だけでなく、私がそれを乗り越えるのに助けられた家族の支えや色々な方の励まし、また物事の捉え方についても書いています」と回答した。

また、現在月に一度のボイストレーニングを受けているそうで、リハビリを経て叶えたい目標は「やはり歌いたいです。歌が歌えるようになったらデビュー40周年記念のライブをやりたい。元々行う予定だったのですが、手術前には一旦諦めました。ですから、今はリハビリに励んで絶対に実現させるという夢に向かって頑張っています」と明かした。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)

▶︎映像:堀ちえみ、100人のファンとのサイン会の様子など、2分頃~(期間限定)

あわせて読みたい

「堀ちえみ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    英語試験批判にキーマンが大反論

    NEWSポストセブン

  2. 2

    韓国の元徴用工「差別なかった」

    NEWSポストセブン

  3. 3

    哲学なき小泉大臣 成果残せるか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    アナ雪2騒動 黙秘の電通に苦言

    やまもといちろう

  5. 5

    立民議員「安倍首相は口だけ」

    大串博志

  6. 6

    米ポルノサイト訪問数 日本は2位

    鎌田 傳

  7. 7

    決断力なき小泉環境相の評価急落

    天木直人

  8. 8

    安倍・中曽根比較のコラムが秀逸

    海住恒幸

  9. 9

    F35の組み立て継続へ 米が希望か

    清谷信一

  10. 10

    桶川事件20年 警察が隠した怠慢

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。