記事

日本ラグビー躍進の秘密は「文化を融合した組織作り」にあり

ロシア戦で3本目のトライ決めた松島幸太朗

 ラグビー日本代表は惜しくも準々決勝で南アフリカに敗退したが、史上初の1次リーグ突破をプール1位通過で果たした日本代表の快進撃は、国内はもちろん、世界をも驚嘆させた。躍進の秘密はどこにあるのか。『国境を越えたスクラム ラグビー日本代表になった外国人選手たち』の著者である山川徹氏が分析する。

「パス回しの得意な日本スタイルに加え、キックを多用する戦術を取り入れ、相手に応じて使い分けています。フィジカル強化にもずいぶん力を入れ、試合終了まで全力で走り抜くタフさを身に付けたことも、今回の大会では大きいと思います」

 一方、山川氏は別の要因も指摘する。ラグビーW杯は選手の出場要件に国籍を規定していない。継続して3年以上居住しているなど、一定の条件を満たせば代表になることができる。

「日本ラグビー協会を含め一丸となって選手の多様化を進め、代表31人中15人が外国出身選手となり、前回大会の11人から大きく増えました。他国と比べて一歩も引けを取らない数です」(同前)

 多彩な文化を融合した組織づくりが、日本の快進撃を後押ししたといえるのだろう。

※週刊ポスト2019年11月1日号

国境を越えたスクラム-ラグビー日本代表になった外国人選手たち (単行本)

あわせて読みたい

「ラグビー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  2. 2

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  3. 3

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  4. 4

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  5. 5

    コロナで日本の通勤者 僅か9%減

    幻冬舎plus

  6. 6

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  7. 7

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  8. 8

    マンションの看護師差別に呆れ

    文春オンライン

  9. 9

    トランプ氏 WHOは中国中心主義

    ロイター

  10. 10

    安倍首相 伊記者質問に辞任否定

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。