記事

日本ラグビー躍進の秘密は「文化を融合した組織作り」にあり

ロシア戦で3本目のトライ決めた松島幸太朗

 ラグビー日本代表は惜しくも準々決勝で南アフリカに敗退したが、史上初の1次リーグ突破をプール1位通過で果たした日本代表の快進撃は、国内はもちろん、世界をも驚嘆させた。躍進の秘密はどこにあるのか。『国境を越えたスクラム ラグビー日本代表になった外国人選手たち』の著者である山川徹氏が分析する。

「パス回しの得意な日本スタイルに加え、キックを多用する戦術を取り入れ、相手に応じて使い分けています。フィジカル強化にもずいぶん力を入れ、試合終了まで全力で走り抜くタフさを身に付けたことも、今回の大会では大きいと思います」

 一方、山川氏は別の要因も指摘する。ラグビーW杯は選手の出場要件に国籍を規定していない。継続して3年以上居住しているなど、一定の条件を満たせば代表になることができる。

「日本ラグビー協会を含め一丸となって選手の多様化を進め、代表31人中15人が外国出身選手となり、前回大会の11人から大きく増えました。他国と比べて一歩も引けを取らない数です」(同前)

 多彩な文化を融合した組織づくりが、日本の快進撃を後押ししたといえるのだろう。

※週刊ポスト2019年11月1日号

国境を越えたスクラム-ラグビー日本代表になった外国人選手たち (単行本)

あわせて読みたい

「ラグビー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  2. 2

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  3. 3

    五輪中止で保険会社30億ドル損失

    ロイター

  4. 4

    銀座クラブ報道に蓮舫氏「迷惑」

    立憲民主党

  5. 5

    裕福な高齢者層 TVは消費を煽れ

    毒蝮三太夫

  6. 6

    そこまでやる? トヨタ式在宅勤務

    PRESIDENT Online

  7. 7

    病院長解任に「旭川医大の酷さ」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    通勤電車に触れぬマスコミの事情

    川北英隆

  9. 9

    庶民に自粛させ豪遊する自公幹部

    田中龍作

  10. 10

    眞子さま 4月から無職の可能性も

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。