記事

雅子さま「復活」への期待 なぜ「ご体調や外交手腕」に注目が集まっているのか - 河西 秀哉

1/2

 10月22日、天皇陛下が即位を宣言される「即位礼正殿の儀」が行われる。174カ国から参列の表明があり、国内外から約2000人が出席する予定だ。同日に予定されていた祝賀パレード「祝賀御列の儀」について、政府は台風19号の被災地への対応に万全を期すため、11月10日に延期して実施する方針だという。

【写真】カタールご訪問 雅子さま“真紅”のスーツ

 令和が始まってからまもなく半年。名古屋大学大学院人文学研究科准教授の河西秀哉氏が、皇后雅子さまへの注目がより高まっている理由について考察する。

天皇皇后両陛下 ©JMPA

なぜ女性たちは、雅子さまの足跡・経歴に注目するのか

 令和になって、雅子皇后への関心は続いている。以前、「『皇后雅子にスポットライトが当たった』海外メディアが不思議がる“令和皇室”2つのポイント」という文章を書いた。その中では、令和の天皇制が日本や諸外国のメディアにおいて相当に注目されており、新天皇・新皇后のキャリアや人柄、その行動などが報じられていることを紹介した。

 特に雅子皇后に対しては人々の興味関心は高いようである。「婦人公論」2019年10月8日号に掲載されている読者アンケートでは、「あなたが注目している女性皇族はどなたですか?」という質問に対して、雅子皇后と答えたのが56%で半数以上を占め、第2位の愛子内親王と答えた23%の倍以上の数値を示している(第3位は美智子上皇后で10%)。女性皇族の中で皇后という立場は最も注目を浴びる存在と言える。

 また同じアンケートでは、「令和の皇室で関心があることは?」という問いに対して、第1位は「雅子さまのご体調や外交手腕」であり、女性誌ということもあるだろうが、令和の天皇制のなかで、新皇后は最も人々の興味をひきつけていることがわかる(ちなみに第2位は「皇位継承について」、第3位は「眞子さまと小室圭さんのご婚約」と続く)。しかも、体調や外交手腕といった、その足跡・経歴に関心が高い。「婦人公論」の読者向けのアンケートであることから、同じ女性が雅子皇后のそうした側面に注目していることがわかる。

 なぜなのだろうか。1993年1月19日、小和田雅子さんと徳仁皇太子との婚約が皇室会議で内定、6月9日に結婚の儀が行われた。ハーバード大学卒業・外務省勤務という雅子さんのキャリアは、1985年に制定された男女雇用機会均等法を体現する存在と見られた。この法律が社会に定着して、女性が積極的に仕事をこなし、活躍する。雅子さんは男女雇用機会均等法第一世代の女性のモデルだったとも言えるかもしれない。

同年代の女性たちと通底していた“両立の問題”

 徳仁皇太子は誰と結婚するのか、そうした報道が昭和の終わりごろより週刊誌を中心とするマスメディアに溢れており、興味関心をひいていた。そのなかで、新しい時代の象徴とも言える女性と結婚することが発表され、人々の関心は頂点に達することになる。そして、結婚パレードでは沿道に多くの人が集まり、中継されたテレビの視聴率は高かった。

 その後、徳仁皇太子と雅子皇太子妃は積極的に海外を訪問する。いわゆる「皇室外交」の展開は、雅子妃のキャリアを活かすものとしてメディアでは報道され、人々もそれを受容していった。それは、女性が結婚しても外で仕事をするということを示し、それまでの天皇制が変化するのではないかという期待感を持たせることにもつながった。平成になり、「開かれた皇室」として、国民に近い天皇制のあり方が模索され、それがメディアを通じて伝えられていた。雅子妃の存在がその「開かれた皇室」の象徴とも見られたのである。

 ところが、1999年12月10日に「朝日新聞」が雅子妃の妊娠の兆候をスクープしたころから次第に変化が起こる。その後、30日に稽留流産の手術を受けたと発表されたが、メディアの過熱した報道に徳仁皇太子や宮内庁が疑義を唱えることもあった。なぜメディアは報道を過熱させたのか。それは雅子妃の産む子どもが将来の天皇になる可能性があったからである。いわゆる「世継ぎ問題」である。

 キャリアを活かして外で仕事を担うことと、伝統的な天皇制を守るために子どもを産むこと。その両立が問題となったとも言える。それは、同年代の女性たちとも通底していたのではないか。社会の状況は変わり、それまでのように家を継続し守るという感覚は若い世代にはなくなりつつあった。しかし、世間は必ずしもそうではなかったのである。

あわせて読みたい

「皇后雅子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沢尻容疑者甘やかされた芸能生活

    渡邉裕二

  2. 2

    日本の金継ぎがイギリスで大流行

    幻冬舎plus

  3. 3

    飲食業成功は簡単 堀江氏正論か

    メディアゴン

  4. 4

    沢尻容疑者の裏に反社会的勢力か

    tokyo editor

  5. 5

    中国ばかり人権問題で責める日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    山本太郎現象で済まぬれいわ躍進

    田中龍作

  7. 7

    野党は桜を見る会叩く暇あるのか

    自由人

  8. 8

    桜を見る会 中止のホンネ暴露か

    女性自身

  9. 9

    沢尻容疑者 逮捕直前まで夜遊び

    文春オンライン

  10. 10

    八千草さん 夫を駅で迎える素顔

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。