記事

きょう即位の礼——林真理子「雅子さまの肉声メッセージを切に願う」

1/2

 令和元年、雅子さまが皇后になられた。 10月22日には、新天皇の即位を国内外に宣言する「即位礼正殿の儀」が行われる。 当時の皇太子殿下と雅子さまが結婚されたのは、平成5年、今から26年前のことだった。皇室を見守ってきた林真理子さんが雅子さまに寄せる思いを綴った。 ※「週刊文春」2019年8月15・22日号より転載

【写真】「生まれてきてくれてありがとう」涙ぐまれた雅子さま


天皇皇后両陛下 ©JMPA

 令和に入ってからというもの、雅子さまのご活躍は本当にめざましい。

 トランプ大統領、マクロン大統領と来賓が続いたが、実にご立派に対応なさっていた。語学力もさることながら、その美しさ、ものごしの気品に、「さすが」と胸を撫でおろした国民も多かったに違いない。

 思い返すと、平成は雅子さまにとっておつらいことが続いた。ご自身の適応障害がなかなか完治せず、ご公務も欠席なさることが増えた。この雅子さまの精神状態に呼応して、愛子さまも落ち着かれなかったようだ。不登校と書きたてられたことは記憶にあたらしい。

 さぞかしご心配であったろう。愛子さまの学校行事についていかれた雅子さまを、

「公用車つらねて」

「ホテルのスイートルームに泊まって」

 とまた週刊誌が書きたてる。中には「異様な母子」という表現を使ったところもある。どうしたら雅子さまが回復なさるのか、皇室はこれからいったいどうなるのかと、識者が論議している中に、ある評論家が、

「皇后になられれば、きっとすべて解決する」

 と書いていて、いくらなんでも楽観視し過ぎると私は思ったものだ。

 ところがどうだろう。皇后になられたとたん、雅子さまは急にいきいきと活躍し始めた。責任感のお強い方であるから、覚悟を決めたこともあるであろうが、笑顔の晴れやかさが違う。負担が大きいと避けられてきたお着物もお召しになられるようになった。

あわせて読みたい

「皇后雅子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    屠畜作業への理不尽な差別の実情

    岸慶太

  2. 2

    廃棄が9割 ジビエブームの裏側

    BLOGOS編集部

  3. 3

    新エンジン投入へ マツダの知恵

    片山 修

  4. 4

    自宅ビール用 究極の節約つまみ

    中川 淳一郎

  5. 5

    立民議員 ホテル側の説明に期待

    大串博志

  6. 6

    桜を見る会で国民は退陣を望むか

    橋下徹

  7. 7

    京急に「たぴおおおか駅」が爆誕

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    前夜祭 安倍首相は会費払ったか

    郷原信郎

  9. 9

    沢尻逮捕に医師「作品は別では」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    なぜ維新は自衛隊賃上げに反対か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。