記事

ミトちゃんが筆頭候補「女子アナ」次のフリー転身者を大予想


 秋の番組改編期を迎え、ますます活躍が期待されるキー局の女子アナたち。女子アナ通2人が、「フリーになりそうな候補」の今後を大胆に予想してくれた!

 夏のイベント「超汐留パラダイス!」で白い胸元をチラ見せしてくれたのは、好感度調査でも上位常連の「ミトちゃん」こと水ト麻美アナ(32・日本テレビ)だ。8月には24時間テレビのマラソンを走って話題に。

「フリーのオファーは多いはずだが、本人は否定している。転機があるとすれば今後、出世して露出が減ったとき。現場が好きなミトちゃんが、心変わりしてもおかしくない」(女子アナウオッチャー・丸山大次郎氏)

 続いては、NHKの “夜の顔” として活躍する、桑子真帆アナ(32)。

「『ニュースウオッチ9』や『紅白』をまかされる看板アナだが、注目は『ニュース~』の担当が替わるとき。NHKは役職は上がるが、担当番組は格下になるような人事が多く、そのタイミングでフリーになるかも」(芸能ジャーナリスト・三杉武氏)

 最後は、8月31日に他局系の特番『オールナイトニッポン0』(ニッポン放送)に冠MCとして大抜擢を受けた、弘中綾香アナ(28・テレビ朝日)。フリー転身のウワサは絶えないが、2月にインスタグラムの公式アカウントを立ち上げたとき「炎上だけはしたくない所存です」と綴った。

「『アメトーーク!』の加地倫三プロデューサーが『入社試験からフリートークは図抜けていた』と絶賛。局内でもトーク力を買われているが、やりすぎが心配」(丸山氏)

 活躍とフリー転身は背中合わせが女子アナ界の常。令和初の秋も、彼女たちからますます目が離せない!

(週刊FLASH 2019年10月22・29日号)

あわせて読みたい

「アナウンサー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  2. 2

    福原愛が「台湾の田中みな実」化

    NEWSポストセブン

  3. 3

    肺炎対応の官僚 不眠不休は当然?

    Chikirin

  4. 4

    売れた名変える神田伯山の肝っ玉

    毒蝮三太夫

  5. 5

    社民と立民の合流話は立ち消えか

    早川忠孝

  6. 6

    コロナで病院限界 厚労省が守れ

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

  8. 8

    コロナ対応の優先度理解せぬ政府

    川北英隆

  9. 9

    風俗に母同伴 親子共依存の実態

    AbemaTIMES

  10. 10

    日韓の人口あたり感染数は同じか

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。