記事

年金は75歳からってどういうこと!?

1/2

今日は久しぶりに政策のお話をします。年金です。

なお、この記事は千正が厚労省の公表資料や報道などを元に自分の知識で独自に書いています。分かりやすさと正しい説明を心がけていますが、厚労省に確認したものではなく、あくまで個人的な文章です

1.年金は75歳?

18日夜のネット記事や19日朝刊などに、年金の制度改正の記事が出ていました。

『年金、75歳からでも 65歳より月額8割増 厚労省案』 朝日新聞デジタル 

『年金受け取り開始時期、厚労省「75歳までの案」提示』 TBSニュース

など。

私が見たところ、報道に間違いはないと思いますが、やはり年金を理解するのは難しいですし、不安なイメージが先行しているからか、どうも「75歳にならないと年金がもらえなくなる。」と思っている方がいるようなので、簡単に解説してみたいと思います。

2.ニュースの元は?

10月18日に、来年の通常国会での年金改正に向けた検討をしている「厚生労働省社会保障審議会年金部会」の議論です。

報道をかいつまむと、
「厚労省は年金を受け取り始める時期を75歳からでも選択できる案を出して、目立った反対意見は出ず、厚労省はこの案に沿って改革案を取りまとめ、来年の通常国会への関連法改正案の提出を目指す。」

3.実際は何が変わるのか?

なるべく多くの方にわかりやすく理解していただくために、細かいところは思い切って省いて書きます。

現在の年金をもらう年齢の仕組みと、それがどう変わるのかを見てみましょう。

【現在の仕組み】

〇 年金をもらい始める時期は原則65歳

〇 ただし、実際にご自分が何歳からもらい始めるかは選べます。大きく分けると以下の3パターン

①原則通り65歳からもらい始める

②少し額が減ってもよいから、早めにもらい始める(60歳―65歳の間で選ぶ)

③遅くてもよいから、もっと後でより額の多い年金をもらい始める(65-70歳の間で選ぶ)

※いずれを選択しても、平均的な年齢まで生きた場合には一生にもらう年金額は同じように設計されています。もちろん個人によって、平均より長生きすれば一生にもらう総額は当然多くなります。早く亡くなってしまった場合は当然のことながらそこまでの年金額が一生分ということです

つまり、長い間少ない年金をもらい続けるか(②)、短い間だけど多い年金をもらい続けるか(③)を国民が自分で選ぶ仕組みなのです。

どれを選んでも得する可能性は理論上変わらないので、あとは本人のライフプランに応じて選んでくださいねということです。

あわせて読みたい

「年金」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

  2. 2

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  3. 3

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  4. 4

    コロナの国難にも他人事な政治家

    松田公太

  5. 5

    飲食店苦境「家賃、人件費重い」

    東龍

  6. 6

    NY化近づく東京 野党の姿勢危惧

    青山まさゆき

  7. 7

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

  8. 8

    東京感染者 4日で倍増すれば危険

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    緊急事態宣言へ 7都府県で1か月

    ロイター

  10. 10

    小池知事のカタカナ語批判に反論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。