記事

会社の仕事を捨てず副業でも稼ぐ2つのコツ

1/2

社員の兼業を認める企業が増え、また行政の創業支援制度も拡充されています。本業以外の活動から収入を得て自立していくことは、より身近な選択肢になりつつあります。一見高く見える“会社の壁”ですが、交渉次第で突破できることも。会社との賢い付き合い方を具体的に見ていきます。

※本稿は藤木俊明『「複業」のはじめ方』(同文舘出版)の一部を再編集しました。


※写真はイメージです(写真=iStock.com/takasuu)

活動を開始し収入を得る

会社での仕事は、引き続き力を入れて頑張りましょう。そして、情報収集し、いよいよ社外活動をする時のために、匿名の「こうありたい自分のキャラ」をつくりましょう。それは、あなたの将来自立する時のアイコンになるかもしれません。慎重に、真剣に、でも楽しんで考えてつくりましょう。

活動をはじめると、収入が入ってきます。基本的には自分への投資に使って、さらにスキルアップを目指すのですが、あなたはできたら将来は自分でやっていきたいという考えを抱いています。

もちろん自分への投資に使うのはいいのですが、より効果的な使い方、たとえば、情報発信のホームページを自分で作成したり(あるいは作成するスキルを身につけたり)、自分が羽ばたくための滑走路を整備するのに使いたいものです。

また、収入額にもよりますが、会社の給与の振り込みと、個人の収入の口座を分けたほうがいいと思います。「もうひとつの仕事でいくら収入があった」「そのためにいくら支出があった」ということを「見える化」しておきましょう。

所得が年間20万円を超えたら確定申告の必要が出てきます。しっかり売上や領収書を管理しましょう。

活動をする中で、社外のネットワークを広げていきましょう。その中には、将来の自分のお客様がいるかもしれません。「ファンづくり」をしているという気持ちで活動していきましょう。

会社との関係の上手な整理の仕方

あなたの社外活動は順調に回りはじめました。名指しで仕事を依頼してくれるお客様も出てきました。まだ、それだけで生活するほどの収入ではありません。でも、「もう好きなこと、やりたいことだけに打ち込みたい……」という気持ちがわき起こっています。そろそろ、会社との関係を整理する段階かもしれません。

もし、あなたがこれまで一所懸命に仕事をやってきて、ある程度評価されているのなら、会社はあなたに辞めてほしくないはずです(一方、仕事を頑張ってこなかった人は「整理する=辞める」という道しかありません)。

どうしようもない会社だったら別ですが、会社や仕事に、少しでも愛着があるのなら、「兼業」としての複業を会社に提案してみてはどうでしょうか?

(1)会社に相談して「一週間に1日、別の仕事をさせてもらう許可」を得る

「平日のうち、どこか1日、自分の好きな仕事をさせてください! その代わり、給与はその分減らしてもらっていいです」と相談してみる方法があります。

ここで、ついに会社にあなたが好きなこと、やりたいことをやっているということを打ち明けるのです。

もし会社があなたのことを必要であったなら、給与は減るけど何とか今の仕事を引き続き頑張ってくれよということになるかもしれません。

あなたがやりたいことが、社会貢献につながるなど、会社にとっても誇らしいことであれば、もしかして、給与はそのままで「やってみたら」ということになるかもしれません。

実際、兼業を認める会社が出てきているのは事実です。後ろを振り向かず交渉してみたら、意外に会社は認めてくれるかもしれません。

認めてくれなかったら……。その時は考えましょう。期限を区切って、本当に会社から去ることもあり得るかもしれません。でもそれは、最後の手段として取っておいてください。そして、前述したように、会社の中の信頼できる同好の士に話してみてはどうでしょうか。とにかく、すぐ辞めるのは考え直してください。

正社員から非正規へ

(2)会社に相談して「待遇を業務委託に変えてもらう」

会社からもらえる収入は大切です。でも、好きなこと、やりたいことは今しかできない。そこで、会社の正社員の立場を辞めて、業務委託に変えてもらうように交渉してみるのです。

業務委託とは、会社の業務を請け負ってお金をいただく立場です。ボーナスも社会保険もなくなります。つまり、非正規の立場になるのです。

「うわー。そんなのとんでもない……」と思うかもしれません。でもあなたは、自立したいと考えていたのですよね。だったら、会社をメインクライアントとして、安定した収入を確保する道を考えたほうがいいです。あなたにとっても慣れた仕事を任されるわけですし、会社としても同じ人に同じ仕事をやってもらえる上に、さらには人件費を抑えられます。

拘束されないよう、交渉が必要

ちなみに、私がかつて働いていたリクルートはそういうことが得意です。リクルートを辞めた人間に業務委託としてリクルートの仕事を発注しています。その人がどれだけ仕事ができるかを把握していますし、イチから新人を教育しなくてもある程度リクルートのことはわかっている。しかも、社員で雇っていた時より安い人件費で生性を上げられるのです。リクルートにとっても貴重な資源ですし、辞めた人間にとっても、収入が安定するまでは貴重な収入源になります。

その場合まずいのは、ずるずると会社に拘束されることです。そこは頑張って交渉し、自分が自由に働けて、一定の収入も確保して、好きなことに打ち込めるようにしましょう。

あわせて読みたい

「副業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    英語試験批判にキーマンが大反論

    NEWSポストセブン

  2. 2

    韓国の元徴用工「差別なかった」

    NEWSポストセブン

  3. 3

    哲学なき小泉大臣 成果残せるか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    アナ雪2騒動 黙秘の電通に苦言

    やまもといちろう

  5. 5

    立民議員「安倍首相は口だけ」

    大串博志

  6. 6

    米ポルノサイト訪問数 日本は2位

    鎌田 傳

  7. 7

    決断力なき小泉環境相の評価急落

    天木直人

  8. 8

    安倍・中曽根比較のコラムが秀逸

    海住恒幸

  9. 9

    F35の組み立て継続へ 米が希望か

    清谷信一

  10. 10

    桶川事件20年 警察が隠した怠慢

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。