記事

そして、祭りは終わった。

1/2

自国開催の国際的な競技会で日本代表チームが健闘する、というのはよくあること。

記憶をたどるなら、1992年のサッカーのアジア杯(日本が初優勝)あたりが、「ホームアドバンテージ」を自分が目の当たりにした最初の機会で、翌年のU-17世界選手権ではベスト8進出。

さらに長野での冬季五輪を挟んで、忘れもしない2002年のサッカーのワールドカップでの歴史的なグループリーグ突破・・・。

そういう文脈で眺めれば、今、まさにこの国で行われているワールドカップで日本代表が勝ち進んでいたことも、決して不思議なことではないのかもしれないけれど、やっぱりその競技が「ラグビー」だった、ということに、自分はどうしても違和感を隠しきれずにいた。

一次リーグ突破どころか、「1勝」を挙げることすら長らく”悲願”とされていた代表チーム。かつてはニュージーランドに145点を奪われて粉砕されたこともある。

一番強い相手と当たる時は、ハナから勝負を捨てて控えメンバー主体で臨み、狙いを定めた相手に必勝を期すも思惑は常に空回り。

エディ・ジョーンズ監督の下での強化策が実を結び、前回のW杯で南アフリカから大金星を挙げ、余勢をかって一次リーグで3勝を挙げたのは事実。だが、得失点差を見ればマイナスで、結果的にもtier1の国々の後塵を拝し、決勝トーナメント進出を逃す。

その時々の局面では”見せ場”を作るが、終わってみれば「健闘」止まり。”頑張ったけど惜しかったね”で語られるのが日本の無難な立ち位置だと、ずっと思ってきた。

それが、アイルランドを倒し、スコットランドまで葬り去って、一次リーグ全勝。「グループ1位で決勝トーナメント進出」と来たものだから、落ち着かないのなんの・・・。

いかにホスト国だといっても、いくら今の日本代表が「勝つ」ことを絶対的な目標に鍛え上げられてきた選手たちの集団だからといっても、こんなことがあって本当に良いものなのかどうか。ここ数号のNumber誌が、本来なら表紙を飾るべき他の競技の主役たちを押しのけて”ラグビー一色(というか表紙だけ見れば福岡選手一色)”になっている(さらに今週は臨時増刊号まで出すらしい)こととも合わせ、メディアがやれベスト8だ、もしかしたらベスト4まで行けるかも!と騒げば騒ぐほど、別世界に迷い込んだような気分になる。

そして、ちょうど1か月前の開幕戦、対ロシア戦から始まった過熱ぶりは、奇しくも試合日が日本ラグビー界のレジェンド・平尾誠二氏の命日と重なる、というできすぎたストーリーの下、今日の準々決勝でまさにピークを迎えたはずだったのだが・・・。

魔法は、試合開始から5分も経たないうちにとけた。

ロシア戦の時に指摘された「国歌斉唱で気持ちが高ぶり過ぎている選手」がいたこと、そして、開始早々、田村選手が巧くないキックでチャンスをピンチに変えてしまったあたりから嫌な予感はしていたのだが、案の定、得意になったはずのスクラムで押され、軽く展開されたところであっさり先制トライを献上。

その後も得意なはずのラインアウトのボールは敵方に渡り、いくら攻め込んでも強力な守備陣の前に潰されて肝心なところでミスが出る。

前半終了時のスコアこそ、どちらに転ぶか分からない3-5。

これまでの相手同様、日本のプレッシャーに負けてミスをする選手は南アフリカにもいたし、相手のFWの選手がラフプレーで一時退場処分を受ける幸運に恵まれたこともあってボール支配率、攻撃回数は日本の方が圧倒的に多かった。とはいえ、その場にいなかった観戦者としての印象は、「これって攻めてるんじゃなくて、攻めさせられているんじゃないかなぁ・・・」(サッカーの世界でもよくある話)というもので、しかも、それまでできていた戦術ができず、ちょっとずつ歯車が狂っていたように見えたこともあって、どことなく重い雰囲気はあった。

後半が始まってからも、そんな空気は変わらず。そして、じわじわと圧力をかけて攻めてくる相手に耐えかねて自陣で反則を犯す、というお決まりのパターンから、ポラード選手得意のPGを立て続けに決められたところで、雲行きはかなり怪しくなる。

これまで今大会の日本代表を支えてきた田村、姫野といった選手たちが交代を余儀なくされ、他の戦力にも疲労の色が見え始めたところで、敵方のSH、名前*1も風体も怪しい9番・デクラーク選手の厭らしさが全開に。

日本FW陣の呼吸が乱れた隙にスクラム、モールで押しまくり、BKのラインが乱れたところを見計らってパスを散らし、前がかりになっていると察すれば絶妙なパントキックで体力を消耗させる。

そして極めつけは、怒涛のモール攻撃から自ら飛び込んで決めた後半26分のトライ。これは事実上「トドメ」に近かった。

4分後に、相手の快足WTB・マピンピ選手*2に今日2度目のトライを決められてからは、日本代表応援団の思いは「いかに一矢報いるか」だけ。なのに、南アフリカのえげつない防御の前に、戦意も体力もくじかれた日本代表はもはやなすすべなく、最後の笛が鳴ってからも攻め続けた南アフリカを前に、それ以上の失点を食い止めるので手一杯。

結局スコアは「3-26」。3トライ&ゴールにPGまで必要な得点差だが、感覚的にはそれ以上の「完敗」だった。

あわせて読みたい

「ラグビー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    屠畜作業への理不尽な差別の実情

    岸慶太

  2. 2

    廃棄が9割 ジビエブームの裏側

    BLOGOS編集部

  3. 3

    無銭飲食? 領収書もたぬ安倍首相

    郷原信郎

  4. 4

    新エンジン投入へ マツダの知恵

    片山 修

  5. 5

    桜を見る会で国民は退陣を望むか

    橋下徹

  6. 6

    自宅ビール用 究極の節約つまみ

    中川 淳一郎

  7. 7

    立民議員 ホテル側の説明に期待

    大串博志

  8. 8

    前夜祭の会費5000円は妥当な額

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    京急に「たぴおおおか駅」が爆誕

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    なぜ維新は自衛隊賃上げに反対か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。