記事

2.5次元ファン事情 チケ転売、グッズ買い占めが問題

過激なファンは少ないが、チケットの争奪戦がし烈な2.5次元ファン(イラスト/サヲリブラウン)

 漫画やアニメ、ゲームといった“2次元”の作品を、“3次元”のイケメン俳優が演じる舞台を指す“2.5次元”という言葉。2003年初演の『テニスの王子様』の大ヒットで認知され、同作から俳優・斎藤工(38才)や城田優(33才)を輩出した。

 そんな2.5次元のファンについて教えてくれたのは、ファン歴4年のAさん(34才)だ。

「2.5次元ファンはそもそも、原作の漫画やアニメ、ゲームのファンなんです。“推し”が、架空の人物だとわかっているので、俳優個人へのアプローチを考える人は、今のところ少数派だと思います」

 今まで絵(2次元)だったため、実際に会えなかった“推し”が、生身の人間の姿を借り、声を発して、発汗している――その状況を楽しむのが2.5次元ファンの醍醐味なのだという。中にはキャラクターを俳優に投影しすぎて、俳優自体へのストーカーになる人もいるとのことだが、それよりも問題になっているのが、チケットの違法な高額転売だという。

「舞台のチケットは即完売のケースが多く、本来1万円程度のチケットを10万円以上の値をつけて転売する人がいます」(Aさん)

 今年6月から「チケット不正転売禁止法」が施行され、チケットの高額売買は違法に。犯罪に手を染めるのは、ファンのルール以前の問題だ。さらにこんな苦情も。

「グッズの買い占めも問題。キャラクターの絵がプリントされている“トレーディングブロマイド”を、1袋単位ではなく箱買いするファンも。おかげで入手困難に」(ファン歴3年のRさん・21才)

 なかには、グッズの買いすぎで借金をする人も。ハマりすぎは自分の首を絞めることに。

※女性セブン2019年10月31日号

あわせて読みたい

「チケット」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  2. 2

    東京五輪「手のひら返し」が驚くほど早かった理由 - 新田日明 (スポーツライター)

    WEDGE Infinity

    07月26日 08:17

  3. 3

    配信が充実した東京オリンピック 無観客開催でも十分なお釣りが来る内容

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月26日 08:32

  4. 4

    60歳4人に1人が貯金ゼロ 原因は晩婚化による“支出三重苦”

    女性自身

    07月26日 13:23

  5. 5

    作曲家がLGBT差別の杉田水脈氏を肯定…開会式のドラクエ起用に疑問続出

    女性自身

    07月26日 12:26

  6. 6

    小山田圭吾の件について考える 作品と作者は別ものか

    紙屋高雪

    07月26日 09:10

  7. 7

    東京五輪にかこつけて文在寅大統領が日本から引き出したかった"ある内容"

    PRESIDENT Online

    07月26日 16:27

  8. 8

    五輪開催に反対でも観戦したくなるのは人情 選手を応援するのは自然な感情の発露

    早川忠孝

    07月26日 14:00

  9. 9

    「金メダリストの“看板”で仕事をもらえるほど甘くない」五輪アスリート“第二の人生” 現役引退後の現実

    ABEMA TIMES

    07月26日 10:23

  10. 10

    阿部一二三&阿部詩、九州まで夜通し車で…兄妹金の陰に両親の壮絶献身

    女性自身

    07月26日 08:32

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。