記事

岡本夏生が「強制わいせつ」で人気芸人を1円訴訟

芸人と法廷バトルへ(時事通信フォト)

ふかわ側も岡本を訴えている(時事通信フォト)

 元祖レースクイーンで“お騒がせタレント”として過激な言動でしばしば注目を集めてきた岡本夏生(54)。ここ数年は鳴りを潜めていた彼女が、水面下である芸人と法廷バトルを繰り広げていた。

【写真】岡本を訴えているふかわりょう

 発端は2016年、岡本がレギュラー出演していた『5時に夢中!』(TOKYO MX)を電撃降板した後に開催されたトークイベント「ふかわと夏生のガチンコ・スプリング~ガチハル!~」で、同番組のMCだったお笑いタレントのふかわりょうと“大喧嘩”になるトラブルが勃発。同年10月には岡本がふかわを強制わいせつ、名誉棄損、暴行罪で刑事告訴し、ふかわも岡本を名誉棄損で刑事告訴する事態となっていた(ともに不起訴処分)。

 ふかわは現在も『5時に夢中!』MCとして活躍、一方の岡本はこの騒動以来、テレビ露出が減っている。そんななかで、岡本が今度は民事でふかわを「強制わいせつ」などで訴えていたのだ。

「今年4月8日付の訴状によると、2016年のイベントで、ふかわが原告(岡本)の意思に反してステージ上に押し倒し、3度にわたり計1分近くキスをするなどした強制わいせつ行為と、番組降板の経緯に関連して人格を貶めるような発言を繰り返し、名誉を著しく棄損したとして“1円”の慰謝料と謝罪広告などを求めています。1円はお金目当てじゃないという意味だとか。ふかわは弁護士を立てていますが、岡本は本人訴訟となっています」(ジャーナリスト)

 岡本に取材を申し込むと「現在訴訟中のことであり、私から申し上げることはございません」と言う。

 一方、ふかわの代理人弁護士は、「ふかわ氏としてもこれに断固として対応すべく、岡本氏に対し民事訴訟を提起しており、現在2つの民事事件が係属している状況です」と回答した。

 喧嘩の代償は、1円では済まなそうだ。

※週刊ポスト2019年11月1日号

あわせて読みたい

「岡本夏生」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  2. 2

    山尾議員 突然の政界引退に疑問続出「説明責任果たしてない」

    女性自身

    06月18日 22:10

  3. 3

    “酒類の提供19時まで”の制限に議員から厳しい声「居酒屋やバーにとっては休業要請」

    BLOGOS しらべる部

    06月18日 19:42

  4. 4

    スシロー、くら寿司、はま寿司の海外戦略 "日本食ブーム"の海外市場が秘める可能性

    三輪大輔

    06月18日 10:38

  5. 5

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  6. 6

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

  7. 7

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  8. 8

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  9. 9

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

  10. 10

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。