記事

「トレンドブログ」で検索汚染 主婦が内職で執筆の実態

トレンドブログ記事作成を内職する主婦も少なくない

人々が検索するタイミングが狙われる

 気になるニュースのキーワードや人物名でネット検索すると、知りたい情報よりも先に「◯◯の経歴は?生い立ちが壮絶!(顔写真あり)」などの煽り気味のタイトルの記事ばかりが検索結果の1ページ目に出てきて、うんざりさせられるのが常だ。「トレンドブログ」と呼ばれるこれらの情報ページは、なぜ次々と生み出されているのか。ネット・IT関連のトラブルに詳しいジャーナリストの高橋暁子さんが、トレンドブログの実態と危険性について解説する。

 * * *
 そもそもトレンドブログとは、アフィリエイト収入を目的に話題となっているトレンドネタ、時事ネタを扱うブログのこと。芸能ゴシップネタ、犯罪事件ネタ、テレビネタなどを主に扱っている。

 本文を読んでみると、「調べてみましたが、わかりませんでした/顔写真は見つかりませんでした」「○について調べてみました。いかがでしたか?」などの文章で終わることが多い。

 関係先に直接、問い合わせるなどの取材などをせず、ソースがFacebookやTwitterなどのSNS、検索サービスで調べて見つけた情報中心な点が特徴だ。記事パターンはほぼ決まっており、同じようなものが多数見つかる状態だ。

◆バイト感覚で執筆されるトレンドブログ

 トレンドブログは、バイト感覚で執筆される傾向にあるようだ。たとえばある主婦は、トレンドブログで月に数万円程度稼ぐ。「子どもが小さくて働けないので、消費税も上がったし、月数万円でも稼げたら生活が助かる」という。

 話題となりそうなテーマは、TwitterのトレンドやYahoo!のリアルタイム検索アプリのランキングなどを見て決める。「話題になりそうだと思ったらすぐに記事化するのがコツ。しばらくはまったくPVが上がらなかったが、続けるうちに徐々に上がってきた」。

 彼女は、該当するキーワードをツイートしているユーザーの投稿を参考にしている。「『顔が見たい』だって」「『生い立ちが気になる』って書いてある」など、何が求められているのか分かるので、投稿が参考になることは多いという。

 そして「Yahoo!で名前で検索したときにはYahoo虫眼鏡(関連キーワード)を入れると検索結果から多く見に来てもらえると教えてもらった」と、本来は調べやすくするためのツールを、自分が作成した記事への誘導に利用している。

 Yahoo!虫眼鏡とは、Yahoo!で検索したときに、検索結果の上下に虫眼鏡マークがついた状態で表示される関連キーワードのこと。検索される可能性が高いと思われる関連キーワードを表示する機能のため、記事中に網羅することで検索結果に表示される可能性が高くなるというわけだ。

◆「無実の人を犯人」とするデマ拡散も

 トレンドブログは瞬間的な検索ニーズに応えるために、短時間で一気に作られるものだ。調べたくなるニュースがメディアで報道されてから1~3時間程度で次々と作られる傾向にある。前述の主婦は、「クラウドソーシングで、一記事あたり数百円でトレンドブログの記事執筆の案件を引き受けているママ友もいる」という。キーワードやテーマの指定を受けて執筆すると、記事の本数に合わせた報酬が得られる仕組みだ。トレンドブログ運営者が執筆を外注して効率化を図っていると考えられる。

 ただしトレンドブログには問題も多くある。アフィリエイト商材としてブログ制作が人気となり、次々と新しいものが乱立。その多くは前述のようにSNSやネットで集めた情報でのみ集めた情報からなるため、ニュースのふりをしながら誰でも知っていることや既報を並べただけの、内容がないものも多く混じっている。

 トレンドブログの被害は、目的の情報を見つけにくくなるという検索結果汚染にとどまらない。前述の主婦いわく、「同じことを書いていてもPVが集まらないから過激化していく人もいる」という。内容を過激化していった結果、デマを拡散するものも出ているのだ。

 今年8月に、常磐自動車道であおり運転傷害事件が起きて話題となった。容疑者の男が被害者の男性に対してあおり運転を行い殴ったり、男の車に同乗していた女が被害者を携帯電話で撮影したりする姿が車載カメラに映っており、連日テレビでその映像が流れたことは記憶に新しい。トレンドブログはこぞってこの事件を取り上げたが、その結果、事件とはまったく関わりが無い無実の女性を、その事件に立ち会っていた女だとするデマが拡散されてしまったのだ。

 デマが拡散され、無実の人に誹謗中傷が集まった例はこれだけではない。2017年6月には、東名高速であおり運転で停車させられたワゴン車がトラックに追突され、夫婦が死亡した。この事件で、建設作業員の男がワゴン車を停止させて追突事故の原因を作ったとして逮捕されている。

 このとき、やはりこの事件が多くトレンドブログで取り上げられた。容疑者にとどまらず、男の名前や住所、職業から、親族を特定し始めたのだ。その結果、無関係な建築会社を容疑者の勤務先、同社社長を容疑者の父とするデマが広まってしまい、営業妨害につながることになった。

 フェイクニュースを拡散したサイトは、通報されGoogleの広告が載せられなくなるなどのペナルティを受ける。また、このときにデマをネット上に投稿したとして名誉毀損で訴えられた男性9名は、福岡地検小倉支部は不起訴としたが、小倉検察審査会によって「起訴相当」とされ、地検小倉支部による再捜査が決定している。ネットでのデマ拡散が、犯罪とされたのだ。

 ネットでのお小遣い稼ぎ手段は複数あるが、トレンドブログが溢れ返る現状、普通に運営していては多くは稼ぎづらいようだ。PVを集めようと過激化すると、罪に問われる可能性もある現状は知っておくべきだろう。

あわせて読みたい

「ブログ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沢尻容疑者甘やかされた芸能生活

    渡邉裕二

  2. 2

    日本の金継ぎがイギリスで大流行

    幻冬舎plus

  3. 3

    沢尻容疑者 逮捕直前まで夜遊び

    文春オンライン

  4. 4

    配信中に滑落死した男性の私生活

    文春オンライン

  5. 5

    桜を見る会 中止のホンネ暴露か

    女性自身

  6. 6

    沢尻容疑者 簡易鑑定は「陰性」

    AbemaTIMES

  7. 7

    前夜祭 ホテル領収書が解明の鍵

    郷原信郎

  8. 8

    山本太郎現象で済まぬれいわ躍進

    田中龍作

  9. 9

    「夫婦の3組に1組が離婚」は嘘

    石川奈津美

  10. 10

    沢尻容疑者 大麻使用の現場写真

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。