記事

「契約消滅の手続き」をご存知ですか?

今回は、意外と知られていないであろう「契約消滅の手続き」について取り上げます。

では、さっそく本題です。

【契約消滅の手続きとは?】
「保険契約は死亡保険金・給付金や高度障害保険金、特定疾病(三大疾病)保険金を支払った時点で契約は消滅するから、そんな手続きをとる必要なないのでは?」と思うかもしれません。

確かに、死亡保険や死亡保障を付加した第三分野商品の契約であれば、死亡保険金を支払った時点で契約は消滅するのでそのような手続きは必要ありません。

では契約消滅の手続きが必要な保険契約とはどんな保険契約かと申しますと、


①「保険料払込期間中の解約返戻金がない医療保険やがん保険で、保険料払込期間を終身としている契約」

②「死亡給付金を0に設定している医療保険」


―です。

こうした保険契約は、解約返戻金も死亡給付金もないため、被保険者が死亡しても、ご遺族が保険会社に請求する理由がないため、その保険契約は残ってしまいます。

保険会社にとって、本来消滅しているはずの契約が残ってしまうのは、余計な管理費が生じるので好ましいことではありません。

つい最近、弊社でそうした事案が発生しました。

弊社の業務上の重要なお知らせの書面発送ため、弊社を3年前に退職した元社員から管理を引き継いだ、某外資系生保の既契約者の契約が有効か否か、住所変更等の有無を確認していた時のことです。

ある既契約者の医療保険の情報欄に「サスペンド」という記述がありました。これは「死亡」を意味するので、日付を確認しました。すると3年前の日付…本来であればすでに契約が消滅していなければなりません。

残っているということは、ご遺族が「契約消滅の手続き」を行っていないということです。確認すべく、直ちに保険会社に電話したところ、やはり手続きが行われていませんでした。

情報欄の連絡先に電話するも、既に転居したのか通じませんでした。これは弊社の失態だと思います。

また、こうした事態を防ぐためには、必ず募集人や代理店に相談し、既契約情報を整理して必要な手続きを確実に行えるようにしてください。


以上です。





↑、蝶の水飲み場にやってきたクロアゲハ、モンキアゲハ、ナガサキアゲハ(5月撮影)。

あわせて読みたい

「保険」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    屠畜作業への理不尽な差別の実情

    岸慶太

  2. 2

    廃棄が9割 ジビエブームの裏側

    BLOGOS編集部

  3. 3

    新エンジン投入へ マツダの知恵

    片山 修

  4. 4

    自宅ビール用 究極の節約つまみ

    中川 淳一郎

  5. 5

    立民議員 ホテル側の説明に期待

    大串博志

  6. 6

    桜を見る会で国民は退陣を望むか

    橋下徹

  7. 7

    京急に「たぴおおおか駅」が爆誕

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    前夜祭 安倍首相は会費払ったか

    郷原信郎

  9. 9

    沢尻逮捕に医師「作品は別では」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    なぜ維新は自衛隊賃上げに反対か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。