記事

西田敏行がナイトスクープ降板「笑いと感動ありがとう」の声

西田敏行(71)が10月18日放送の「探偵!ナイトスクープ」(ABCテレビ系)で、番組を降板すると発表した。西田は初代探偵局長の上岡龍太郎の後任として、01年1月から約19年間にもわたり2代目局長を務めていた。ネットでは惜別の声がやまない。

同日の番組終盤、間寛平(70)ら“探偵陣”に囲まれ神妙な面持ちで登場した西田。「2001年の1月から約19年間務めて参りました『探偵!ナイトスクープ』局長の職を、11月22日の放送をもって辞したいという風に考えております」と挨拶した。さらに「なぜこの考えに至ったかは、11月22日の放送に詳しく申し上げたいと思います」と続け、「ともかく、明るく楽しく幸せな時間をありがとうございました。これだけは申し上げておきたいと思います」と話した。

番組は88年3月にスタートし、西田は01年1月26日放送回から局長に就任した。長く番組で親しまれた西田に、Twitterでは感謝の声が上がっている。

《最初は上岡局長とのギャップに戸惑ったけど、自然と馴染んでいったなぁ…。ある種行き詰まってた番組に『感動』という新たな風を吹き込んだのは功績だと思う》
《ただただ悲しい。あの涙は嘘じゃないから涙も人柄も一杯溢れてるから》
《長い間、探偵ナイトスクープを支えて、私たちに笑いと感動をありがとうございました》

その涙もろいキャラクターから、視聴者にとって欠かせない存在だった西田。彼にとっても「探偵!ナイトスクープ」は非常に思い入れのある番組だった。

「西田さんは出演当初、畑違いのために戸惑いを覚えたといいます。ですが今や自ら『大阪生まれかも?』と思うほど番組に打ち解け、放送終了後に送られる探偵たちからの『お疲れ様でした!』というLINEを毎回楽しみにしているそうです。16年2月、西田さんは自宅ベットから転倒し頸椎亜脱臼の重症に。続けて同年4月には胆のう炎が発覚し、摘出手術も受けました。そして6月にカムバックしましたが、その復帰作はナイトスクープ。西田さんにとってナイトスクープとは、特別な“安住の地”だったようです」(テレビ局関係者)

その“最終勤務日”に何を語るだろうかーー。

あわせて読みたい

「西田敏行」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  4. 4

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  5. 5

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  6. 6

    感染爆発の震源地 選手村のPCR検査は極めてズサンだった 

    田中龍作

    07月30日 09:14

  7. 7

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

  8. 8

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  9. 9

    コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣言検討を

    ロイター

    07月29日 20:40

  10. 10

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。